1万円借りる・作る方法【一万~五万必要!今すぐ審査なしで用意する技】

PR

1万円借りる・作る方法【一万~五万必要!今すぐ審査なしで用意する技】

「1万円借りたい!」「今すぐ5万円必要!」という方向けに、緊急・即日で少額を借りる方法、無利息で1万円~5万円を貸してくれる金融機関の紹介、誰にも知られずに内緒で1万円~5万円借りる方法、その他、審査なし、アプリですぐに1万円~5万円を用意する方法(最短3分)を解説します。

即日で1万円借りたい方、内緒で1万円を借りたい方、無利息期間を利用して1万円を借りたい方は大手消費者金融カードローンがおすすめです。

表はスライドしてご覧いただけます
消費者金融
プロミス
アイフル
SMBCモビット
レイク
アコム
実質年率 4.5%~17.8%※大手で1番低金利 3.0%~18.0% 3.0%~18.0% 4.5%~18.0% 3.0%~18.0%
審査時間 最短3分※1 最短18分※1 最短30分※1 最短15秒 最短20分※1
融資時間 最短3分※1 最短18分※1 最短60分※1 Webで最短25分融資も可能 最短20分※1
無利息期間 最長30日間 最長30日間 なし 最長180日間 最長30日間
電話連絡 原則なし 原則なし
99.7%なし※2
原則なし 原則なし 原則なし
詳細 詳細はコチラ 詳細はコチラ 詳細はコチラ 詳細はコチラ 詳細はコチラ

※1.申込の曜日、時間帯によって、翌日以降の取り扱いとなる場合があります。
※2.調査期間: 2023年4月1日~5月31日。調査対象: WEBもしくは無人店舗で申込み後、契約した方。参照先
※各大手消費者金融の無利息期間ははじめて契約する方が対象。


もくじ

今すぐ1万円~5万円借りる方法

今すぐ1万円~5万円のお金が必要
今すぐ1万円~5万円のお金が必要!という時は、まずは借りるのが第一候補になると思いますが、できるだけ早く1万円~5万円を用意する必要があるという場合は選択肢は次の3つになります。

①金融機関(カードローン)で1万円~5万円借りる
②クレジットカードのキャッシング枠で1万円~5万円借りる
③親族や友人に1万円~5万円借りる

①金融機関(カードローン)で1万円~5万円借りる

カードローンで1万円~5万円借りる
正社員や契約社員、派遣社員、アルバイト・パートとして仕事をしている人が「少額だけ」借りたい場合、おすすめなのはカードローンを使った即日融資です。

即日で1万円~5万円を借りる先は、銀行ではなく、消費者金融カードローンになります。

銀行カードローン 消費者金融カードローン
即日融資 不可 可能

 

オススメは、急ぎに対応した大手消費者金融で「プロミス」や「アイフル」です。1万円(少額)を借りるだけなら、プロミスのアイフルも審査はそれほど厳しくないはずです。

プロミスで1万円借りる

プロミスで1万円借りる

金利 4.5%~17.8%※大手で1番低金利
審査スピード 最短3分※
融資スピード 最短3分※
職場への在籍確認の電話 原則なし
無利息サービス 最大30日間(はじめての方)
WEB完結
カードレス取引
コンビニATMの利用

 
プロミスはの審査・融資スピードは最短3分となっておりますので、今すぐ1万円を借りたい方におすすめです。

また、プロミスはWEB完結可能、郵便物もなし、ローンカードなしの手続きも可能で、職場への在籍確認の電話も原則ありませんので、内緒で1万円借りたい方にもおすすめです。

 

※最短3分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

アイフルで1万円借りる

アイフルで1万円借りる

金利 3.0%~18.0%
審査スピード 最短18分※
融資スピード 最短18分※
職場への在籍確認の電話 原則なし99.7%なし
無利息サービス 最大30日間(はじめての方)
WEB完結
カードレス取引
コンビニATMの利用
詳細 ⇒貸し付け条件はこちら

※.調査期間: 2023年4月1日~5月31日。調査対象: WEBもしくは無人店舗で申込み後、契約した方。参照先
 

アイフルも業界TOPクラスの融資スピードで、最短18分融資となっておりますので、急いで1万円を借りたい方におすすめとなっております。

また、大手消費者金融の場合、職場への在籍確認の電話が”原則”なしとなっておりますが、アイフルの場合は99.7%電話在籍確認が実施されていないと公表されています。

1,000人に3人の割合しか電話による在籍確認の電話が実施されていないのです。

職場への在籍確認の電話を避けたい方、急いで1万円を借りたい方は、アイフルのカードローンがおすすめです。

※最短18分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)
在籍確認について:<調査期間> 2023年4月1日~5月31日。<調査対象> WEBもしくは無人店舗で申込み後、契約した方。参照先

レイクで1万円借りる

レイクで1万円借りる

金利 4.5%~18.0%
審査スピード 最短15秒※
融資スピード Webで最短25分融資も可能※
職場への在籍確認の電話 原則なし
無利息サービス 選べる無利息サービス
▼契約日の翌日から60日間無利息
▼契約日の翌日から180日間、5万円に対してのみ無利息
WEB完結
カードレス取引
コンビニATMの利用

 
レイクもWEBなら最短25分融資となっており、急ぎの融資に対応していますが、最大の特徴は無利息期間が長い所です。

1万円を借りたい方は、「契約日の翌日から180日間、5万円に対してのみ無利息」が適用されるので、180日間金利0円になります。

他の大手消費者金融は30日間となっておりますので、1番お得に1万円を借りることができます。

※レイクの融資時間・無利息期間・貸付条件については本ページ最下段をご覧ください。
※最短25分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

SMBCモビットで1万円借りる

SMBCモビットで1万円借りる

金利 3.0%~18.0%
審査スピード 最短30分※
融資スピード 最短60分※
職場への在籍確認の電話 WEB完結なら電話連絡なし
無利息サービス なし
WEB完結
カードレス取引
コンビニATMの利用

 
SMBCモビットの最短30分で、WEB完結なら郵便物なし・電話連絡なし・カードレスで契約することが可能です。またSMBCモビットは、三井住友銀行と同じSMBCグループのカードローンなので、全国にある三井住友銀行のATMを無料で利用することが可能です。

※最短30分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

アコムで1万円借りる

アコムで1万円借りる

金利 3.0%~18.0%
審査スピード 最短20分※
融資スピード 最短60分※
職場への在籍確認の電話 原則なし※原則、電話での確認はせず書面や申告内容での確認を実施
無利息サービス なし
WEB完結
カードレス取引
コンビニATMの利用

 
アコムは最短20分融資可能、無利息期間最大30日間で1万円を借りることが可能です。

アコムの自社ATMは全国各地にたくさんあり、すべて無料で利用できるうえ、三菱UFJ銀行のATMや、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのATMも利用できるので、とても便利にカードローンを利用することができます。

※最短20分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

即日で1万円~5万円借りる3つの方法

即日融資で1万円~5万円借りる為には、審査スピード、即日融資に対応したカードローンを選ばなくてはいけません。

普通の銀行カードローンや中小の消費者金融だと、即日融資に対応したカードローンを提供している所は少ないのが現状です。

1万円~5万円をすぐに借りたい場合は、アコムプロミスSMBCモビットアイフルレイクなど大手の消費者金融のカードローンを利用するのがおすすめです。

これらの消費者金融で即日借りる方法は「インターネットからの振込融資」「スマホのアプリ」「自動契約機でカード発行しATMで借り入れ」の3つになります。

▼ネットで申込み即日振込で1万円~5万円を借りる方法

アコムやアイフル、レイクなどは、基本的に営業時間内(21時~22時)に審査が完了して、振込依頼すれば、指定口座に即日融資してもえます(※一部の銀行では14時まで)。

大手消費者金融の審査時間は最短30分ですが、申し込みが混み合っていると1時間以上かかる場合もありますので、振込融資で即日で借りたい方は、なるべく早めに申込みを終わらせておきましょう。

※プロミスなら、原則24時間、振込融資が可能(10秒)なので、1万円~5万円を即日借りることができます。

もちろん、大手消費者金融は、24時間・365日申込み可能なので、ネットで前の日の夜に申込みを完了させておくこともできます。

▼アプリで1万円~5万円を借りる方法

各消費者金融のアプリを利用して少額借入の借入をすることも可能です。

スマホから消費者金融に申し込んで、契約したら公式アプリをインストールしましょう。

各大手消費者金融のアプリを利用すれば、振込融資、スマホATM取引(セブンイレブンやローソンのATMからアプリを使って出金)を利用してお金を借りることができます。

※スマホATM取引とは、カードの代わりにアプリを利用してコンビニATMから借入・返済が行える取引です。

▼ネットで申込+自動契約機でカードを発行しATMで少額を借りる

スマホなどインターネットで申し込んで、カードを自動契約機で発行し、併設されているATMでキャッシングする方法もあります。

※直接自動契約機で審査申込も行えますが、その場合、審査時間(30分以上)契約機の前で待つことになります。この時間がもったいないので、事前にスマホからネットで審査に申し込んでおきましょう。

各大手消費者金融の自動契約機は、営業時間が21時~22時なので、その時間内にカードローンの審査に通過すれば、夜遅い時間でも、併設されているATMやコンビニのATMで1万円~5万円を即日借りることが可能です。

ちなみに、当サイトでおすすめしているプロミスのカードローンは、即日融資可能で、ATMの数も業界TOPクラスなので、急いで少額を必要としている方におすすめです。

※プロミスは、全国の三井住友銀行のATM、ゆうちょ銀行ATM、イオン銀行ATM、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどコンビニATMで24時間借り入れ・返済が可能です。

 

内緒で1万円~5万円を借りたい方は

内緒で1万円~5万円を借りたい方
内緒で1万円~5万円を借りたい方におすすめなのが、アイフルやSMBCモビットなどの大手消費者金融です。

大手消費者のカードローンは、WEB完結で、カードレスで郵送物なしで少額を借りることができるので、一緒に住んでいる家族に内緒で申し込みやすいのが特徴です。

さらに、大手消費者金融は審査の際に職場への在籍確認の電話を基本的に行っていませんので、内緒で借りたい方にはおすすめです。

とくにアイフルは在籍確認の電話を実施したのはたったの0.3%だと公表しています。<調査期間> 2023年4月1日~5月31日。<調査対象> WEBもしくは無人店舗で申込み後、契約した方。参照先
アイフルは在籍確認の電話を実施したのはたったの0.3%だと公表

⇒アイフル借り方・ネット申込の流れ・自動契約機(無人店舗)使い方

内緒で1万円を借りたい方、職場への在籍確認を避けたい方はアイフルのカードローンがおすすめです。

30日間~180日間無利息で1万円~5万円借りる方法

30日間~180日間無利息で1万円~5万円借りる方法
カードローンで借りる場合は、利息を支払わないといけません。これは当然なのですが、大手消費者金融の一部(アコム・プロミス・アイフル・レイク)では、無利息サービスを実施している所があります。

⇒一時的にお金を借りたい!金利0円(無利息)当日借入OK融資先

これら無利息サービスの対象は、はじめて、その消費者金融でお金を借りる方です。

アコム、プロミス、アイフル3つの消費者金融のカードローンは、30日間無利息ですが、

レイクは60日間無利息サービスの他に、「5万円まで180日間無利息」の選べる無利息サービスを実施していますので、5万円以下を借りたい方はレイクの無利息サービスがオススメです。

レイクは60日間無利息サービスで1万円かりる

消費者金融名 無利息サービス
レイク 60日間無利息・5万円まで180日間無利息
プロミス 初回借入日から30日間無利息
アコム 初回契約日から30日間無利息
アイフル 初回契約日から30日間無利息

 

また、アコム、アイフル、レイクは”契約日”から30日間無利息なのに対し、プロミスは”借入日”から30日間無利息になります。

アコム、アイフルは契約して、借り入れが3日後になると、無利息期間は27日になりますが、プロミスは30日間無利息になるので有利に少額を借りれることになります。

 

少額を借りる際の金利について

消費者金融のカードローンで1万円~5万円の少額を借りる場合は、大体上限金利の18%で、銀行カードローンの場合は15%くらいです。

やはり銀行カードローンで借りた方が金利が安いのですが、「審査が厳しい」「即日融資に対応していない」「無利息サービスがない」「銀行口座を作る必要がある」などのデメリットもあります。

金利の安さだけでなく、トータル的なメリット・デメリットを考えて借りるようにしてください。

ちなみに、大手消費者金融で1万円~5万円を借りる場合、上限金利が1番低く、無利息サービスがあるのは「即日融資可能なプロミス」です。

▼プロミスの最高金利17.8%で5万円を借りた場合

返済期間 1回の返済額 利息
3ヶ月 17,163円 1,489円
6ヶ月 8,771円 2,626円
9ヶ月 5,975円 3,775円
12ヶ月 4,579円 4,948円

 
利息は借りている期間が長いほど、月々の支払いは少なくなり、利息の額は大きくなりますが、5万円程度なら上記の金額になります。

他の大手消費者金融も多少前後しますが、5万円の借り入れの場合、それほど変わりはありません。

しかも、大手消費者金融のプロミスやアコム、アイフルの場合、即日融資はもちろん、30日間無利息サービスを行っているので、期間中に全額返済すれば利息は0円、5万円を借りたら、5万円を返済すればOKになります。

カードローンで1万円~5万円の少額を借りる為の条件

ほとんどの消費者金融や銀行カードローンの借り入れ条件は以下になります。

担保・保証人 必要なし
必要書類 本人確認書類のみ
借りたお金の使い道 自由
アルバイト・パート 借入可能
申込み資格 安定した収入があり、20歳以上の方

 

1万円~5万円程度でも、お金を借りる為の条件として「安定した継続的な収入がある」というのが重要ですが、これは年収が低くても大丈夫で、雇用形態は正社員や公務員でなくても、アルバイト・パートでもOKです。

また、少額を借りるのに、担保・保証人は必要ないのですが、必要書類の提出は必須です。

ただ、1万円~5万円程度の借入なら本人確認書類(運転免許証・保険証・パスポートなど)だけで大丈夫で、スマホのカメラ機能を使ってアップロードすることにより提出することが可能です。

自動契約機で提出する場合は、スキャナーがあるので、それを利用して必要書類を提出します。

お金を借りる理由(利用使途)は、カードローンの場合、基本的に自由で、例えば・・・

・冠婚葬祭で急に1万円必要になった
・給料日まであと1週間、生活費が足りない
・パチンコや競馬で負けてしまって5万円足りない
・急に飲み会に誘われて1万円足りない
・携帯電話の通話料が支払えない
・クレジットカードの支払いができない

などなどOKです。

※過去に返済を滞納したり、債務整理したことがある方などは、審査に落ちてしまう可能性もあるので、まずは大手消費者金融のお試し診断で確かめてみることをお勧めします。

※審査は22時以降に行っていませんが、翌朝スムーズに借りたい方は、夜の内ににインターネットから審査の申込みをしておくことをお勧めします。

手数料が無料のATMを利用

1万円を借りるときに、振込による融資の場合は、手数料は金融会社負担が多いので大丈夫なのですが、ATMからキャッシングする場合は、手数料(110円~220円)がかかることがあります。

例え少ない金額でも節約したい方は、手数料が無料になるATMを利用して借りてください。

ちなみにプロミスの場合、三井住友銀行提携ATMの手数料がいつでも無料です。

②クレジットカードのキャッシング枠で1万円~5万円借りる【審査なし】

クレジットカードのキャッシング枠で1万円~5万円借りる
クレジットカードを持っている方は、キャッシング枠をチェックしてみてください。

もしキャッシング枠が付いていたら、5万円程度なら、すぐに提携ATMでキャッシングできる可能性があります(※すでにキャッシング枠がある場合は審査なしです)。

もし、キャッシング枠が0円だったとしても、クレジットカード会社に電話して申請して審査に通ればキャッシング枠をもらえる可能性もあります。

ですが、審査に時間がかかり、すぐに借りることができなかったり、審査に落ちてしまうことも考えられるので、その辺は理解しておいてください。

※キャッシング枠とショッピング枠は合算されますので、ショッピング枠を目いっぱい使っている方はキャッシングできません。
※クレジットカードのショッピング枠の現金化は、規約違反なので例え少額でも絶対にやめてください。

③親族や友人に1万円~5万円借りる【審査なし】

親族や友人に1万円~5万円借りる
今すぐ1万円~5万円が必要という場合、親族や友人からお金を借りる方法もあります。

⇒親にお金を貸してもらう【理由・口実・頼み方・言い方・贈与税対策】大切!

親族や友人からお金を借りる場合、利息がかからない、審査なしなどメリットもありますが、デメリットもあります。

5万円程度でも、どうしても「以前にお金を借りた人、貸した人」という関係性になってしまいますから、場合によっては友達付き合いがしにくくなるということも覚悟しておきましょう。

また、親からお金を借りる場合は、「お金を借りる理由」が必要です。「ギャンブルや遊ぶので1万円貸して」と言った所で断られてしまう可能性が高いので、理由をしっかり考える必要があります。

また、親からお金を借りる場合は、借りる額によっては贈与税が徴収される可能性があります。

1万円程度親から借りる分には、贈与税の心配ありませんが、念のため借用書を書いておくと良いかもしれません。

親や身内にお金の心配をさせたくない、友達とお金の貸し借りをして、今までの関係を壊したくないという方は、1万円~5万円程度なら利息もそれほど心配しなくても良いので貸金業者で借りることをお勧めします。

④緊急小口資金貸付で1万円~5万円貸してもらう

緊急小口資金貸付で1万円~5万円貸してもらう

急にお金が必要になった時、親や友人からお金を借りられたり、貯金を取り崩してお金を工面できれば良いのですが、頼る人がいない方は「緊急小口資金貸付」を利用るのも手です。

緊急小口資金貸付は、緊急性が高く一時的な借入が必要な時に最大10万円を無利息で借りられる制度です。

しかし、緊急小口資金は、生活困窮者がお金を借りれる制度で、区役所や市役所などで実施しており、、医療費が急に必要になったり、給料が盗まれたり、急に会社を解雇されたり、不測の緊急事態になってお金が必要になった方が対象です。

さらに「今すぐ1万円必要だ!」「すぐに5万円借りたい!」という方には、緊急小口資金は適していません。

カードローンの場合、利用目的、お金を借りる理由は問われませんが、緊急小口資金貸付の場合は理由が問われますので、利用できそうな方は検討してみてはいかがでしょうか。

⑤質屋で1万円~5万円借りる【審査なし】

質屋で1万円~5万円借りる【審査なし】
質屋は、物を買い取ってくれるリサイクルショップなどと混同している方も多いかと思いますが、実は物を担保に預けることによって、お金を貸してくれるサービスを行っている店舗で、昔からお金を借りる方法として親しまれています。

ご自宅にブランド品やバッグ、貴金属、パソコンやカメラなど持っていませんか?これらを担保として預ければ、審査なしで即日で借りることができますよ。

本当に大切な物だとしても、借入期間(ほとんどの質屋が3ヶ月)以内にお金を返済すれば戻ってきますし、元金を返済しなくても、利息分だけ支払えば、借入期間が過ぎても物は売られずに預かってくれます。

また、質屋でお金を借りる場合は、消費者金融や銀行のように信用情報機関であなたの個人情報を調査しませんので、現在、他の借金の返済を滞納していたり、過去に自己破産等の債務整理をした方、つまりブラックの方でも1万円~5万円を即日で借りることは可能です。

しかし、質屋の注意点2つあり、1つ目は、最終的に返済できないと質流れになって物は戻ってこない点、2つ目は、消費者金融などに比べて、質屋は利息が高い点です。

業者 最高金利
消費者金融 年20%
質屋 年109.5%

 

お金を借りる期間が長いほど、支払う利息の額が増えていきますので、少額でも、質屋でお金を借りる場合は注意が必要です。

⇒質屋から審査なしで借りる方法!でも大黒屋は高金利?質入と買取どっちがいい?

⑥自動車・バイクを担保に1万円~5万円借りる

上記で紹介したカードローンで1万円~5万円借りる方法クレジットカードのキャッシングで1万円~5万円借りる方法のように、無担保の借り入れではなく、自動車やバイクを担保に即日で借りる方法です。

担保を預けるという点では、質屋で借りる方法に似ていますが、「車で融資」「車金融」と呼ばれる貸金業者でお金借りる場合は、自動車やバイクに乗ったまま(預ける必要なく)お金を借りることができるのが特徴です。

「車金融」で借りるメリットは、担保を提供するので「ブラックでも借りられる」、そして「自動車を使用しながら借りれる」「査定&融資が即日対応」な点です。

「車金融」で1万円借りるデメリットは、「車の名義が貸金業者になる」「査定金額以上のお金を借りることができない」「金利が高い」「返済できないと自動車が返ってこない」などです。

「車金融」でお金借りる方法や注意点は自動車を担保にお金を借りる「車担保融資」をご覧ください。

⑦少額融資アプリなどで1万円~5万円借りる

少額融資アプリなどで1万円~5万円借りる

LINEポケットマネー

LINEポケットマネーとは、LINEのアプリやサービスを通して金利3.0%~18.0%で100万円まで借りることができるサービスです。通常、カードローンの審査では、申込者の属性、信用情報をもとに行われますが、LINEポケットマネーはLINE Score(ラインスコア)を活用して審査が行われます。LINEポケットマネーの審査申込方法やメリット・デメリットなど詳しくは以下をご覧ください。

バンドルカード

バンドルカードはあらかじめチャージして利用するプリペイドカードですが、「後払い」のサービス「ポチッとチャージ」も利用できます。

バンドルカード「ポチッとチャージ」は、1回につき3,000円~上限金額(最大5万円)まで何回でも申し込み可能ですので、1万円程度の少額を借りたい場合はおすすめです。

このバンドルカードはプリペイドカードですが、スマホアプリで利用することができます。

メルペイスマートマネー

メルペイスマートマネーはメルカリユーザー向けの融資サービスです。メルカリアプリから最大20万円を金利15.0%で借りることができるので、大手消費者金融よりも低い金利で借りることができます。借りたお金はメルペイ残高にチャージされますのですぐに使うことができます。

ドコモのdスマホローン

dスマホローンは、ドコモが提供するスマホ完結型のローンサービスです。ドコモの携帯に加入していなくても利用可能ですが、ドコモユーザーの場合、金利が低くなり、最大で3.0%の金利が優遇されます。

dスマホローンの通常金利は3.9%~17.9%、借入限度額は1万円~300万円です。

d払い残高への融資は1,000円から、振込キャッシングの場合は1万円から利用可能になっています。

ファミペイローン

ファミペイローンは、株式会社ファミマデジタルワン(ファミリーマートの子会社)が運営する融資サービスです。

ファミペイローンの金利0.8%~18.0%、限度額1万円~300万円で借りられる融資サービスです。借入方法は、振込融資の他、FamiPay残高に直接チャージすることも可能なのです。

また、ファミペイローンをはじめて利用する方は最大100日間分の利息が実質無料になるキャンペーン(終了日未定)も行っていますので、ファミペイユーザはチェックしてみてください。

au PAY スマートローン公式スマホアプリ

au PAY スマートローンは、実質年率2.9%~18.0%、限度額1万円~100万円、カードレスで借入可能なアプリサービスです。借入方法はファミペイローンと同様にアプリにチャージすることもできますし、セブン銀行のスマホATM取引を利用してカードレスで借入・返済も可能です。1万円~5万円の少額借りる場合に便利なアプリで最短30分で審査可能です。

⑧その他の方法で1万円~5万円借りる【審査なしも】

上記で説明した他にも、「定期預金担保貸付」や「生命保険の契約者貸付」「従業員貸付制度」「共済組合」などで審査なしで少額を借りる方法はあります。

定期預金担保貸付で少額を借りる【審査なし】

定期預金担保貸付は、その名の通り、預けている定期預金を担保にお金を借りることができる仕組みです。新たにローンカードを作る必要がなく、お金の借り方は、普通預金口座から現金を引き出すだけなので審査もありません。

普通預金の残高がマイナスなったらお金を借りたことになり、返済は簡単で普通預金口座に入金するだけです。

限度額は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、りそな銀行、みずほ銀行などは、定期預金残高の90%以内(200万円まで)となっており、金利は0.51%となっております。

限度額 金利
定期預金残高の90%以内(200万円まで) 0.51%

 

※定期預金担保貸付について詳しくは「定期預金担保貸付とは?低金利で信用情報関係なし!限度額や返済方法など」をご覧ください。

定期預金担保貸付は、金利もかなり低いのでおすすめですが、申込み~借入までは、日数が必要なので、即日で1万円借りたい方は、消費者金融のカードローン等をおすすめします。

生命保険の契約者貸付で少額を借りる【審査なし】

生命保険の契約者貸付は、生命保険の解約返戻金を担保にしてお金を借りられる制度ですので、掛け捨ての生命保険では、契約者貸付を利用することはできません。

生命保険の契約者貸付の金利は、消費者金融や銀行で借りた場合に比べて、かなり低い設定になっており、借入の際は審査もありません。

生命保険会社 金利
日本生命 3.00%~3.75%
住友生命 1.55%~5.75%
第一生命 3.00%
明治安田生命 2.15%~5.75%

 

しかし、銀行や消費者金融の利息計算が「単利」なのに対して、生命保険の契約者貸付は「複利」なので、返済せずに長期間お金を借りていると、雪だるま式に借金が増えていきますので、1万程度の少額の借り入れでも注意が必要です。

また、利息も含めた借入額が、ある一定の金額以上になると、生命保険が解約されてしまう恐れがあるので注意が必要です。

生命保険の契約者貸付について詳しくは「生命保険の契約者貸付制度とは?【解約返戻金があるので低金利】」をご覧ください。

従業員貸付制度で少額を借りる【審査なし】

従業員貸付制度(社内貸付制度)は、勤めている会社からお金を借りることができる制度です(審査なし)。

従業員が安心して仕事ができるようにするための福利厚生の1つとして、従業員貸付制度を導入している会社も多いので、あなたが勤めている会社にこの貸付制度があるか確認してみてはいかがでしょうか。

従業員貸付制度をお金を借りられるのは、基本的に正社員で、勤続年数が長い人ほど、限度額が高くなりますが、1万円~5万円借りる程度なら、それほど長い勤続年数は必要ないでしょう。

社内貸付制度は利息で儲けるためではなく、福利厚生なので、金利は、消費者金融に比べて圧倒的に低いですが、借りたお金の使い道は、カードローンのように自由ではないので、1万円を借りる理由はしっかり考えないといけません。

従業員貸付制度について詳しくは「会社(勤務先)から借りる【給料前借り・社内貸付制度】」をご覧ください。

公務員は共済組合で借りることができる

公務員は、共済組合に加入していると思いますが、その共済組合では、貸付も行っています。共済組合は全国にたくさんありますので、あなたが加入している共済組合で貸付内容をチェックしてみてください。

基本的に共済組合では、普通貸付、教育貸付、住宅貸付、災害貸付、医療貸付、結婚貸付、葬祭貸付がありますが、カードローンのように資金使途が自由ではないので、遊ぶお金やギャンブルなどに借りたお金を使うことができません。

また、金利は消費者金融のカードローンに比べて、かなり低く設定されていますが、即日でお金を借りることができないので、急いで1万円~5万円を用意したい人には向きません。

少額(1万円~5万円)借りる際のFAQ

1万円~5万円借りる方法【今すぐ一万~五万円必要で即日借りたい】

今すぐ(即日)で1万円~5万円借りる方法は?

アコムなど即日融資に対応した消費者金融カードローン、dスマホローンやファミペイローンなどの少額融資アプリ、質屋などでしたら、今すぐ1万円~5万円借りることが可能です。ただ申し込む時間帯によっては、翌日以降の融資になってしまう可能性があるのでご注意ください。

アプリで1万円借りるならおすすめは?

急いで1万円借りたい方には大手消費者金融が提供している公式アプリ、メルペイスマートローンやLINEポケットマネー、CASHスマホアプリなど少額融資アプリがおすすめで、急いでいない方には三菱UFJ銀行の「バンクイックアプリ」、楽天銀行スーパーローンアプリ、PayPay銀行アプリ、みんなの銀行アプリなどがおすすめです。

アコムやプロミスなど大手消費者金融で1万円借りられる?

アコムやプロミスなど大手消費者金融で借りる人のほとんどが1万円~5万円程度の少額融資です。アコム・プロミスで1万円借りた場合、毎月の返済額は1,000円~なので、負担は小さいですし、無利息サービスがあるので一時的に借入する場合は金利0円で1万円借りることも可能です。

専業主婦が1万円借りるには?

専業主婦は安定した収入がないので、一般的なカードローンで借りることはできません。しかし中小の消費者金融や銀行で配偶者貸付を実施している所があります。通常は総量規制で年収の3分の1以上のお金を借りることはできませんが「配偶者貸付」は総量規制の「例外貸付」に分類されるので借入可能です。

審査なしで1万円~5万円借りられる?

消費者金融のカードローン、銀行カードローン、信販会社のカードローン、少額融資アプリなどは審査がありますが、質屋、生命保険の契約者貸付、従業員貸付制度などは審査なしで借入可能です。

1万円・5万円をカードローンで借りる際の返済シミュレーション

即日融資可能な消費者金融カードローンで1万円を借りる際の「毎月の最低返済金額」は以下になります。

大手消費者金融 毎月の最低返済金額
プロミス 1,000円
アコム 1,000円
アイフル 4,000円
SMBCモビット 4,000円
レイク 4,000円

 

アコム・プロミスで1万円借りた場合、毎月の最低返済額は1,000円となっており、アイフル・SMBCモビット・レイクよりも、毎月の負担が少なくなっているので、無理なく返済をしていくことが可能です。

しかし、毎月の返済額が少ないということは、返済期間が長くなり、利息を含めた支払総額が高くなるのでご注意ください。

プロミスで1万円を借りる場合の返済シミュレーション

プロミスから1万円を借りた場合、毎月の最低返済額は「1,000円」、金利は17.8%で借りたとします。

プロミスで1万円を借りる場合の返済シミュレーション

プロミスで1万円を借りて毎月1000円を返済するシミュレーション

返済回数は11回、支払総額は「10,898円」、うち利息は「898円」になります。

もし、プロミスから1万円を借りて、1か月で返済したらどうなるでしょうか?

プロミスから1万円を借りて1か月で返済するシミュレーション

プロミスから1万円を借りて返済回数1回で完済した場合のシミュレーション

返済回数は1回、支払総額は「10,146円」、うち利息は「146円」になります。

また、プロミスの場合、はじめて利用する方で、メールアドレスを登録し、WEB明細にすることで30日間無利息のサービスを受けることができます。

その場合、30日以内に返済すれば金利は0円になります。

プロミスで5万円を借りる場合の返済シミュレーション

プロミスから5万円を借りた場合、毎月の最低返済額は「2,000円」になります。

金利17.8%で5万円を2,000円ずつ返済した場合のシミュレーションをしてみましょう。

プロミスで5万円を借りる場合の返済シミュレーション

プロミスで5万円を借りて毎月2000円を返済した時のシミュレーション

返済回数は32回(32カ月)、支払総額は「62,923円」、うち利息は「12,923円」です。

もし、プロミスから借りた5万円を1か月(1回)で返済した場合は以下になります。

プロミスから借りた5万円を1か月で返済した場合のシミュレーション

プロミスから5万円を借りて1回で完済した時のシミュレーション

支払総額は「50,731円」、うち利息は「731円」です。毎月2000円ずつ返済した場合と比べて支払う利息がかなり節約できます。

もちろん、はじめてプロミスを利用する方は、30日間無利息サービスを使えるので、金利が0円になります。

プロミスで1万円~5万円を借りい方、シミュレーションをしたい方、借入可能か?調べたい方は以下のボタンをタップしてください。

 

できるだけ入金が早い方法で1万円~5万円を稼ぐ方法まとめ

日払いのアルバイトで1万円稼ぐ

東京都の最低時給は1013円(令和2年年2月28日現在)なので、この最低賃金では10時間働いてやっと1万円を稼ぐことができます。

日払いのバイトでよくあるのが「ティッシュ配り」や「交通量調査」「引っ越し」「イベントスタッフ」などですが、これらは時給も割と高く、1万円稼ぐこともかのうなので、応募してみてはいかがでしょうか?

ただ、アルバイトに応募したその日に採用され、その日に仕事をして、即日で1万円を稼ぐのはちょっと難しいかもしれません。

やはり今すぐ1万円が必要な場合、カードローンで借りるのが手っ取り早いので、まずは「カードローンで先に1万円を借りて」その後「日払いのバイトで返済する」というのが賢い方法でしょう。

不用品をオークションで売る

不用品をオークションで売って1万円~5万円を作る
オークションは、今すぐ1万円~5万円を用意するのには適さない方法ですが、効率よく少額を用意するにはおすすめの方法です。

どうしても、出品、落札、振込などの工程があるので、時間はかかりますが、リサイクルショップや質屋などリアル店舗で買い取ってもらうよりも高額で売れる傾向があるのが大きなメリットです。

ヤフオク

オークションで代表的なのがヤフオクですね。手数料等かかりますが、参加者も多いので高額で落札される可能性が高いですし、条件を満たせば翌営業日には振込されますので公式サイトで確認してみてください。

メルカリ

フリマアプリ「メルカリ」は、スマホで簡単に出品でき、数分で売り買いできます。メルカリは、売買システムもしっかりしていますし、支払方法も多彩、出品も無料なので1万円用意するのは意外と簡単かもしれません。

不用品を店舗に売りに行く

自宅の不用品をリサイクルショップ、質屋などリアル店舗に売って1万円~5万円を用意する方法です。オークションとは違って、その場でお金をもらえるので急いで1万円を用意したい方にはおすすめの方法です。

CDや本、家具や家電、バッグなどのブランド品等、不用品があったら買い取ってもらったらいがでしょうか。

しかし、ヤフオクやメルカリに比べると売却金額が低い傾向がありますので、少し時間的に余裕がある方は、ネットなどのオークションで1万円を作った方が良いでしょう。

その他、1万円~5万円を用意する方法

上記で説明したように、インターネットを使えば、単発で1万円を稼ぐのもかなり簡単になってきています。

ヤフーオークションやメルカリを使えば不用品を誰かに買い取ってもらうことが可能ですし、ブログやフェイスブックで人が集まる媒体を持っている人であればアフィリエイトなどもおすすめで、1万円~5万円程度なら十分稼げる可能性があります。

クラウドワークスランサーズといった「お仕事募集系」のクラウドサービスにはいろんなお仕事募集がかけられていますから、その中から自分の得意分野で仕事を受注して1万円を用意するのも良いでしょう。

その他にも、自動車を買取業者に買い取ってもらったり、PIXTAなど写真販売サイトやココナラを使ったり、商品のモニターなどなど、少額を用意できるサービスや仕事はありますが、注意してほしいのが「入金がいつなのか?」という点です。

クラウドワービスの場合は基本的に15日締め切りの月末払い(例えば1月1日~1月15日までに稼いだ分が1月31日にまとめて支払われるなど)といった形になりますから、「今すぐにお金が必要」という場合には注意が必要です。

入金までは数日~1週間程度はかかってしまうのが普通ですから、すぐにお金が必要!という場合には、カードローンで先に1万円を借りて、上記で説明した方法でお金を稼ぎ、返済に充てるのが良い方法だと思います。

カードローンで1万円~5万円を借りるのにオススメなのは、30日間無利息、即日融資可能なプロミスです。

カードローンで1万円~5万円を借りる際の注意点

上で説明させていただいたように、今すぐに1万円借りる方法としておすすめなのは即日融資に対応したカードローンですが、注意点があります。

定期的な収入がないと1万円程度の少額でも貸してもらえない

まず、消費者金融や銀行のカードローンを利用できるのは「正社員やアルバイト・パートなど安定した継続収入がある人」が基本です(後で説明するように専業主婦の方も例外的にお金を借りることができます)。

年収が低くても構いませんが、安定した継続的な収入を得ている方がカードローンの申し込み条件になっていますので、仕事をしていない方は貸金業者から1万円を借入することはできません。

また、大手消費者金融など、即日融資可能なカードローンなら、その日のうちに1万円を借りることは可能ですが、21時以降になると審査時間の関係で、翌日以降の融資になる可能性もあるので、ご注意ください。

少額でも専業主婦が借りるのは難しい?

専業主婦の場合、旦那さんの収入で生活しているのが普通なので、カードローンの申し込み条件である「安定した収入がある方」に該当しません。

ただし、一部の銀行では、「専業主婦ということは、夫の収入があるはず」ということで審査に通してくれ、1万円~5万円くらいなら借りれる可能性もあります。

また、消費者金融で「配偶者貸付」を実施している所であれば、専業主婦でも1万円を借りられる可能性があります。ただし、配偶者貸付の場合は、旦那さんの同意書が必要になるので、「夫に内緒で1万円借りたい」という方には向きません。

旦那さんに内緒で1万円を借りたい専業主婦の方は、銀行カードローンでお金を借りることを検討してください。

例え少額でも闇金から借りるのはNG

闇金は、「審査なし」「審査が甘い」「ブラックOK」など魅力的な言葉を並べてお金を貸しますが、例え5万円以下でも絶対に借りないでください。

特に闇金は、自己破産や任意整理など債務整理をした方、延滞など金融自己を起こした方、多重債務者にダイレクトメールなどで近寄ってくるのでご注意ください。

闇金やソフト闇金は、法外な金利、強引な取り立てなどやりたい放題で、万が一借りてしまったら弁護士などに必ず相談してください。

例え1万円でも個人間融資 掲示板は利用しない

カードローンを利用できない方に多いのですが、「1万円程度だから個人間融を使ってみようかな」など安易な考えて個人間融資掲示板を利用するのは絶対にやめましょう。

「1万円貸してください」と書き込んで返事をしてくるのは、上記でも解説した「闇金」である可能性が高いです。闇金でなかったとしても、個人情報を売られたり、犯罪に巻き込まれたり、逆にお金をだまし取られたり、危険が潜んでいるのが個人間融資掲示板です。

利息の負担額を知っておこう

消費者金融や銀行などの金融機関からお金を借りる場合、利息の負担が発生します。5万円程度の借金でも利息は馬鹿にできません。

利息の負担は「貸付利率」という形で必ず説明がありますから、負担率がどのぐらいなのかは必ずチェックしておくようにしましょう。

利息の負担については利息制限法という法律があり、借入額が10万円までの場合は上限利率は20%となっています(これ以上の利息をとると金融機関は処罰されます)

どんなに高い利息であっても1万円までの借り入れであれば年間で発生する利息は2,000円(1万円×20%)ということになります。

これは年利率ですから、たとえば利息20%で1万円借りたけれど、翌月には全額返したという場合には、発生する利息は2000円÷12ヶ月=166円ということになります。

例え1万円でも返済計画を立てる

銀行や消費者金融のカードローンでお金を借りた場合、当然利息と元金を支払わなければなりません。

「1万円借りただけだから大丈夫」なんて軽く考えないでください。

もしかしたら、今回作ったローンカードで、もっと大金を借りる可能性もあるので、現在、借金がいくらあって、毎月いくら返済して、いつ完済するのか?自分の収入はいくらで、いくらまでならお金を借りても大丈夫なのか?

毎月の収入と支出をしっかり把握して返済計画を立てましょう。

アコムプロミスの公式サイトに返済シュミレーションがありますので、それらを利用して1万円の返済計画を立てるのも良いかもしれません。

返済を滞納すると?

銀行や消費者金融などカードローンでお金を借りて、返済を延滞・滞納した場合、まず金融機関から電話やハガキで連絡が来ます。

借りたお金が5万円程度でも、しっかり返済が遅れた理由と、いつもまでに返済するのか伝えてください。

場合によっては遅延損害金が加算されますが、大手の消費者金融の場合はだいたい20.0%で、計算は「元金+利子+遅延損害」です。

1万円程度の借入でも、遅延損害金は馬鹿になりませんので、期日までにしっかり返済しましょう。

また、返済の延滞・滞納の情報は、CICJICCなどの信用情報機関に掲載されますので、今後住宅ローンやマイカーローン、クレジットカードの作成時の審査に大きく影響が出てしまいます。

最終的に返済が無理だと判断したら、その後は任意整理や自己破産など債務整理をする流れになります。

1度に複数の貸金業者に申し込みをするのはNG!

もっとも注意が必要なのは、一度に複数の金融機関に借り入れの申し込みをしてはいけないということです。

金融機関側はあなたがどこに借り入れの申し込みをしたか?という情報は共有していますから、あまりにたくさんの金融機関にカードローンの申し込みをしてしまうと「この人はよっぽどお金に困っているらしい」と判断され、審査に落ちてしまう状態「申し込みブラック」になってしまいます。

どうしても「急いで1万円借りたい」場合は、どこでもいいから貸して欲しいと思ってしまい、複数の貸金業者に申し込みたくなりがちですが、金融機関からお金を借りるときには1回につき1社の申し込みを行うのが大原則です。

【レイクの融資時間について】
※Web申込みの場合、最短25分融資も可能
※21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(審査・必要書類の確認含む)で、当日中にお振込みが可能です。一部金融機関および、メンテナンス時間等を除く

【レイクの無利息期間について】
※Web経由で申込みされた方のみ60日間無利息を利用可能
※「60日間無利息(Web申込み限定)」、「5万円まで180日間無利息」、「30日間無利息」の併用不可
※レイクで初回契約の方が対象
※初回契約翌日から無利息適用
※ご契約額が200万円超の方は30日間無利息のみ利用可能
※無利息期間終了後は通常金利適用

【レイクの貸付条件】
ご融資額:1万円~500万円
貸付利率(年率):4.5%~18.0%
※貸付利率はご契約額およびご利用残高に応じて異なります。
年齢制限:満20歳~70歳
遅延損害金(年率):20.0%
ご返済方式:残高スライドリボルビング方式/元利定額リボルビング方式
ご返済期間・回数:最長5年・最大60回
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済により、返済期間・回数は変動します。
必要書類:運転免許証等、収入証明(契約額に応じて、新生フィナンシャル株式会社が必要とする場合)
担保・保証人:不要
商号・名称:新生フィナンシャル株式会社
登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号

PAGETOP