レイクの借り方・審査基準・申込の流れ・自動契約機の使い方

PR

レイクの借り方・審査基準・申込の流れ・自動契約機の使い方
ここでは、レイクのカードローンの借り方、審査基準、審査難易度、審査申し込み方法と審査の流れ、限度額・金利、無利息期間、自動契約機の使い方、在籍確認について、メリット・デメリットなどを解説しています。


もくじ



 

レイク「カードローン」の特徴

レイク「カードローン」の特徴

無利息期間サービス 借入額全額60日間無利息(WEB申込み限定)
または
借入額のうち5万円まで180日間無利息
審査時間 Webで最短25分融資も可能
即日融資 可能
職場への在籍確認の電話 原則ありません
融資額 1万円~500万円
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
利用対象者 満20歳~70歳の安定した返済能力がある方
遅延損害金(実質年率) 20.0%
借入方法 ・銀行振込
・スマホATM取引
・提携ATM
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
返済方法 ・WEB返済サービス
・口座振替サービス
・スマホATM取引
・提携ATM
・銀行振込み
返済期間 最長5年・最大60回
保証人・連帯人 不要
必要書類 ・本人確認書類
・収入証明書類(必要な場合のみ)

 

 

大手消費者金融で唯一!レイクの選べる無利息期間サービス

大手消費者金融で唯一!レイクの選べる無利息期間サービス
レイクの無利息期間サービスは「契約日の翌日から借入額全額60日間無利息(WEB申込み限定)」または「契約日の翌日から借入額のうち5万円まで180日間無利息」からご都合が良い方を選ぶことができます。

⇒レイクの金利・限度額・60日間無利息と180日間無利息期間サービス概要

どちらの無利息期間サービスがお得となるのかは、「借入額」と「返済回数」によって決まります。

▼借入額5万円の場合

返済回数 60日間無利息の利息 5万円まで180日間無利息
1回 0円 0円
3回 236円 0円
6回 1,128円 0円
12回 3,060円 1,097円

 
 
▼借入額10万円の場合

返済回数 60日間無利息の利息 5万円まで180日間無利息
1回 0円 739円
3回 473円 986円
6回 2,256円 1,500円
12回 6,228円 4,998円
24回 15,418円 14,340円

 
 

▼借入額20万円の場合

返済回数 60日間無利息の利息 5万円まで180日間無利息
1回 0円 2,219円
3回 946円 3,722円
6回 4,726円 6,172円
12回 12,460円 15,036円
24回 30,844円 32,873円

 
 

▼借入額30万円の場合

返済回数 60日間無利息の利息 5万円まで180日間無利息
1回 0円 3,698円
3回 1,390円 6,665円
6回 7,196円 11,256円
12回 19,200円 24,043円
24回 46,270円 52,314円

 
 
▼借入額50万円の場合

返済回数 60日間無利息の利息 5万円まで180日間無利息
1回 0円 6,657円
3回 2,337円 12,641円
6回 21,756円 11,924円
12回 32,673円 44,116円
50回 77,123円 91,203円

 

例えば、レイクから30万円借りて24回で返済する場合、「60日間無利息」を選ぶと支払う利息は46,270円になり、「5万円まで180日間無利息」なら52,314円になります。

「60日間無利息」を選ぶ方がお得ということになります。

「借入額全額60日間無利息」はインターネット申込限定

「借入額全額60日間無利息(WEB申込み限定)」は、インターネット申し込み限定のサービスになります。

電話や自動契約機で申し込みをすると「30日間無利息」または「借入額のうち5万円まで180日間無利息」になってしまいますのでご注意下さい。

契約限度額が200万円までの方が対象となります

この2つの無利息期間サービスは、契約限度額が200万円までの方が対象になります。

限度額が200万円を超えた場合は「30日間無利息」となります。

レイク公式サイトの「無利息診断」
どちらの無利息がお得になるのかより詳しく知りたい場合は、レイク公式サイトの「無利息診断」をチェックしてみて下さい。

 

レイクは最短15秒で審査結果がわかります

レイクはインターネットから申し込みをすると、最短15秒で画面に審査結果が表示されます。レイクなら審査結果に不安を感じながら何時間も待つ必要がありません。

銀行カードローンの場合は、即日で審査結果が出たとしても、融資は早くて翌日、1週間~3週間かかる場合もあります。

審査結果を急いでいる方、融資を急いでいる方にレイクのカードローンはおすすめです。

⇒レイクの即日融資!即日振込の時間は?当日借入の注意点

WEB申込みなら最短25分融資!郵送物もありません

レイクは融資までの時間もとても早く、申し込み完了から融資までにかかる時間は最短25分となっています。

最短で借りるポイントは、WEB申し込みをして、21時(日曜日は18時まで)に契約手続きを完了させることです。

即日融資で口座振込で借りることもできますし、後ほど解説するスマホATMを使えばセブン銀行ATMからカードレスで現金を借りられます。

また、レイクのWEB申し込みには郵送物が送られてこないというメリットもありますので、「自宅にカードローン業者から郵送物があると困る・・・」という場合もWEB申し込みを利用すると良いでしょう。

 

⇒レイクのWEB完結申込方法や注意点 在籍確認はあるの?

レイクの審査は厳しい?甘い?審査基準・審査難易度

レイクの審査は厳しい?甘い?審査基準・審査難易度
レイクは四半期ごとの審査通過率を公開していて、直近の通過率は次のようになっています。

表はスライドしてご覧いただけます
2021年9月 2021年12月 2022年3月 2022年6月 2022年9月 2022年12月 2023年3月 2023年6月
審査通過率 35.2% 36.8% 36.1% 34.9% 32.6% 30.4% 26.4% 26.6%

データ参照:SBI新生銀行第1四半期データブック
 

直近のレイクの審査通過率は26.6%になっていますね。

以下はアイフル、アコム、プロミスの直近半年間の審査通過率です。

▼大手消費者金融の審査通過率

表はスライドしてご覧いただけます
2023年9月 2023年10月 2023年11月 2023年12月 2024年1月 2024年2月 平均
アイフル 39.2% 38.8% 39.3% 40.3% 37.2% 36.1% 38.4%
アコム 39.6% 44.1% 44.7% 42.4% 39.4% 40.6% 41.8%
プロミス 36.1% 34.7% 35.6% 35.6% 34.8% 36.9% 35.6%

 
<データ参照>
アイフル:月次データ
アコム:マンスリーレポート
プロミス:月次データ

直近の審査通過率で比較するとこうなります。

消費者金融 最新の審査通過率
レイク 26.6%
アコム 41.8%
アイフル 38.4%
プロミス 35.6%

 
最も審査通過率が高かったのはアコムで、レイクは他社よりも低いと言わざるを得ない結果となってしまいました。

 

レイクの審査に通過できない人とは?

初めてカードローン審査を受ける方はレイクの審査にも不安を感じるかもしれません。

しかし、どこからも借りたことがない方であれば特に心配は不要です。

逆に心配となるのは、ブラックリストの方やすでに他社からお金を借りている状態の方です。

ブラックリストの方は審査に通過できません

ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が登録されている状態を言います。

ブラックリストという一覧表のようなものが実在するわけではないのですが、便宜上そう呼ばれています。

事故情報は、具体的に次のようなことを言います。

事故情報の種類 内容 ブラックリストの期間
延滞 長期間延滞している状態。
(一般的には61日または3か月以上の延滞で事故情報となる)
延滞期間中と完済日から5年程度
代位弁済 返済不能となってしまい、代わりに保証会社や連帯保証人が返済をした場合 代位弁済が行われた日から5年程度
強制解約 延滞が長期化してクレジットカードやカードローンを強制解約させられた 強制解約の日から5年程度
債務整理 任意整理、個人再生、自己破産などの手続きをした場合 任意整理は5年
個人再生、自己破産は7年(※1)

(※1)2022年11月4日以前に個人再生・自己破産を行なった場合は7年ではなく10年程度となります。
 

例えば、以前利用していたカードローンで長期間延滞した場合などはブラックリストの可能性があります。

ブラックリストになっている場合は、レイクをはじめ、大手消費者金融の審査には通過できません。

延滞中の方もレイクの審査通過は難しくなります

ブラックリストになっていなくても、現在延滞中の方もレイクの審査には通過できません。

延滞しているのにレイクで借入を希望しているということは、返済能力に深刻な問題があるということになるので融資してもらうことができないのです。

多重債務状態の方も要注意

すでに3社からお金を借りているなど、多重債務状態になっている場合もレイクの審査通過はかなり厳しくなります。

複数からお金を借りているのに、また新たな借入先を探しているとなると、他社返済のためにレイクを検討しているのでは?と思われてしまい、審査通過できなくなるのです。

「1秒診断」で借入可能かどうかすぐにわかります

レイクの「1秒診断」で借入可能かどうかすぐにわかります
レイクの審査に不安がある場合は、「1秒診断」を試してみましょう。

「年齢」「年収」「職業」「他社お借入れ額」を入力すればすぐに借入可能かどうか診断できます。

簡易的な診断になりますが、レイクの審査には影響しませんし信用情報にも影響しません。

レイクの公式サイトで何度でも試すことができるので、気軽にやってみると良いでしょう。

 

レイクの融資限度額と金利を解説

レイクの融資限度額と金利を解説
レイクの融資限度額は最大500万円となっていて、実際に借りられる金額は審査によって決定されます。

レイクの限度額

消費者金融から借りられる金額は総量規制によって年収の3分の1以下と決められているので、年収300万円の方なら他社借入額と合わせて100万円以下が融資可能な金額ということになります。

Q2-1. 総量規制とは何ですか?
A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。(後略)

<引用>金融庁 貸金業法Q&A

ただ、初回から年収の3分の1ギリギリをかりられることはありません。

初回の限度額は低めになります

法律上では年収の3分の1以下の金額を借りることができるのですが、初めてレイクに申し込む場合は返済可能と思われる最低限の金額になると思っておきましょう。

審査によって年収や他社借入状況はわかるのですが、その人がコツコツと返済してくれる人柄なのかまではわかりません。

そのため初回は、「このくらいの金額であれば、きちんと返済してくれるだろう」と思われる最低限の金額だけを融資することが多いのです。

レイクの金利(実質年率)

レイクの金利は審査で決定される限度額によって4.5%~18.0%の間で設定されます。

限度額 金利(実質年率)
1円~999,999円 15.0%~18.0%
1,000,000円~2,000,000円 12.0%~15.0%
2,000,001円~3,000,000円 9.0%~15.0%
3,000,001円~4,000,000円 7.0%
4,000,001円~5,000,000円 4.5%

 

ただし、初回は18.0%になる可能性が非常に高くなります。

カードローンの金利は審査によって決定される限度額によって決まります。

限度額が高いと金利は低くなり、限度額が低いと金利は高くなるのです。

初回審査では限度額は最低限になることがほとんどなので、金利は上限金利の18.0%になることがほとんどなのです。

レイクの金利は他社よりも高い?低い?

▼大手消費者金融の金利と限度額

消費者金融名 金利(実質年率) 貸付限度額
レイク 3.0%~18.0% ~800万円
アコム 3.0%~18.0% ~800万円
プロミス 4.5%~17.8% ~500万円
SMBCモビット 3.0%~18.0% ~800万円
レイク 4.5%~18.0% ~500万円

 

レイクの場合、初回は18.0%になることがほとんどとお伝えしましたが、他の大手消費者金融も18.0%を上限としてるところが多いですね。

実際、レイクだけが高金利というわけではなく、消費者金融の金利は低くはありません。

レイクは無利息期間サービスが親切なので、計画的に利用すれば他社よりも利息を抑えることもできますが、借りすぎてしまうことがないように借入前に返済シミュレーションをしっかり行なって返済計画を立てておきましょう。

 

レイクの借り方は「銀行振込」「スマホATM」「提携ATM」

レイクの借り方は「銀行振込」「スマホATM」「提携ATM」
レイクの借り方は、「銀行振込」「スマホATM」「提携ATM」の3つが用意されています。

銀行振込 スマホATM 提携ATM
土日祝日OK
カード不要
深夜もOK
手数料無料
千円単位の借入

 

レイクから「銀行振込」で借りる

「銀行振込」は、インターネット会員ページから振込依頼を行って、お使いの金融機関口座に振り込んでもらう借り方です。

手数料は無料で、振込依頼を行ったその日のうちに借りることもできますよ。

振込依頼が可能な時間帯はこちらです。

曜日 受付時間
月曜日 8:10~23:50
火曜日~土曜日 0:15~23:50
日曜日 0:45~18:50
(第3日曜日は4:00~18:50)

 

振り込み対応時間は?

振り込み対応時間はお使いの金融機関によって異なりますが、金融機関間で即時振り込みを拡大するモアタイムシステムに対応していれば、銀行営業時間外の早朝深夜でも振り込んでもらうことができます。

例えば、ゆうちょ銀行、三菱UFJ銀行、三井住友銀行(※)、みずほ銀行、りそな銀行、埼玉りそな銀行、楽天銀行は24時間借入可能です。
(※)月曜日は7:00~24:00、日曜日は0:00~21:00の振り込みになります。

その他の多くの金融機関で深夜まで振り込み可能です。

金融機関ごとの振り込み対応時間は「お借入れ可能金融機関検索」で確認できます。

なお、「年末年始、ゴールデンウィークなどの大型連休時」「毎週の定期メンテナンス期間」「臨時メンテナンス期間」は即日融資ができない場合があります。

レイクから「スマホATM」で借りる(セブン銀行ATM)

レイクから「スマホATM」で借りる(セブン銀行ATM)

スマホATMは、レイクのスマホアプリを使ってセブン銀行ATMをカードレスで利用できるサービスです。

セブン銀行ATMに表示されるQRコードをレイクのスマホアプリで読み込むことでローンカード不要でATMを操作することができる便利なサービスです。
レイクの「スマホATM」が使えるセブン銀行ATM

▼スマホATMで借りる流れ
1.レイクのアプリをダウンロードしてログインしておきます
2.アプリ画面の「借りる」→「スマホATM取引」を選択します
3.バーコードリーダーが起動するので、スマホはこの状態にしておきます
4.セブン銀行ATMのトップ画面から「引出し・預入れ クレジット取引など」→「スマートフォン」を選択します
5.ATMにQRコードが表示されるので、スマホで読み取ります
6.4桁の企業番号が表示されるので、ATMに入力します
7.このあとはATM画面の操作に従って手続きをすると現金を借りることができます

スマホATMで借りられる時間帯は?

曜日 利用時間帯
月曜 5:00~23:50
火曜・水曜 0:15~23:50
木曜 1:30~23:50
金・土・日 0:15~23:50

※第3日曜日は0時15分~20時になります

スマホATMの利用手数料について

スマホATMの利用には、毎回以下の手数料が発生します。

取引金額 利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

毎回手数料が発生しますが、この金額は提携ATM利用時の手数料と同じなので、全国のセブン銀行ATMをいつでもカードレスで利用できると考えたら便利ですよ!

レイクから「提携ATM」で借りる

レイクから「提携ATM」で借りる

借入に可能なレイクの提携ATMはこちらになります。

▼レイクの提携ATM
・セブン銀行ATM ← カードレスOK
・ローソン銀行ATM
・E-net
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・三十三銀行ATM
・福岡銀行ATM
・十八親和銀行ATM
・熊本銀行ATM
・広島銀行ATM

利用する銀行によっては千円単位で借りられる場合と、1万円単位になる場合があるので注意が必要です。

千円単位で借りられるATM 1万円単位で借りられるATM
・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
・三菱UFJ銀行ATM
・福岡銀行ATM
・十八親和銀行ATM
・熊本銀行ATM
・イオン銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・三十三銀行ATM
・広島銀行ATM

 

1万円単位でしか借りられない場合、「本当は3,000円だけ借りたいのに、1万円しか借りられない・・・」となってしまい、お金を借りすぎてしまうこともあります。

レイクは借りたその日に返済をすれば利息はつきません。できるだけ無駄なお金は借りず、使わなかったお金はなるべく早く返済すると良いでしょう。

レイクATMは廃止されました

レイクATMは廃止されました
レイクには2024年3月31日までカードローンATMという自社ATMがあり、自動契約機コーナーに併設されていました。

カードローンATMは手数料無料で利用できる便利なATMだったのですが、残念ながらサービス終了となってしまいました。

これによって手数料無料で借りられるATMはなくなり、銀行振込だけが唯一手数料がかからない借り方になっています。

 

レイクの返済について。返済方法、返済日、返済金額

レイクの返済について

ここではレイクの返済方法、返済日、返済金額、追加返済の方法など、返済について詳しく解説しています。

返済は毎月1回必ず行うことですので、借入前に返済方法を考えておくと良いでしょう。

レイクの返済方法

レイクの返済方法
レイクの返済方法は、

・WEB返済サービス
・口座振替サービス
・スマホATM取引
・提携ATM
・銀行振込み

の5種類用意されています。

WEB返済サービス 口座振替サービス スマホATM取引 提携ATM 銀行振込み
手数料0円
おでかけ不要
24時間
土日返済OK
カードレス

 

「Web返済サービス」でレイクに返済する

「Web返済サービス」はレイクの会員サービス(スマホ・アプリ・パソコン)から、お使いの銀行のインターネットバンキングを使って返済する方法です。

メンテナンス時間を除く24時間365日返済可能で、手数料も無料です。

毎月の返済はもちろん、繰上げ返済・一括返済にも利用できる手軽で便利な返済方法ですので、ぜひ活用して下さい。

「Web返済サービス」の返済の流れ
1.レイク会員ページにログインして「Web返済サービス」をクリックする
2.返済に利用する金融機関を選んで、案内に従って金融機関サイトにログインする
3.金融機関サイトの案内に従って返済額を確認して振り込み実行する
「Web返済サービス」が利用できる金融機関は?

WEB返済サービスが利用できる金融機関は「レイクWeb返済サービスご利用可能金融機関一覧」に記載されている銀行・信用金庫・信用組合・労働金庫のいずれかになります。

WEB返済サービスは「Pay-easy(ペイジー)」を利用した返済方法なので、お使いの金融機関でインターネットバンキングの利用登録を行なっておく必要があります。

「口座振替サービス」でレイクに返済する

返済日 毎月6日または27日から選択可能
手数料 無料
引落名義人 「SMBC(シンセイF」
ゆうちょ銀行から引き落とす場合は「(シンセイF)自払」)

 

レイクの「口座振替サービス」は、毎月の返済日にお使いの金融機関口座から引き落としで返済する方法です。

返済日までに入金しておけばATMに出かけることなくレイクに返済できますし、うっかり延滞を防ぐことができますよ。

口座振替でレイクに返済をする場合は、「Web登録」または「郵送登録で」初回登録が必要になります。

Web登録

レイク審査通過後の契約手続きの際に、「口座振替サービス」の登録をすることができます。

1.契約画面の案内に従って必要事項を入力して返済日を選択します。最後に「引落し口座の登録へ」に進みます。

2.「ネット口座振替受付サービス」に進み、金融機関口座を登録します。(本人名義の口座に限ります)

3.契約完了後にメールが送信されてきます。初回返済日の案内が記載されていますので確認して下さい。

郵送登録

Web登録ができない場合は郵送で登録することもできます。

1.申込書をダウンロードまたは電話で請求します。
支払予定日6日用の申込書
支払予定日27日用の申込書
・電話 0120-09-09-09

2.必要事項を記入して送ります。

3.手続き完了後、レイクから返済予定表が送られてきます。初回引き落とし日も記載されていますので確認しましょう。

「スマホATM」でレイクに返済する(セブン銀行ATM)

レイクスマホアプリを使って、セブン銀行ATMからカードレスで返済できる方法です。

▼スマホATMで返済する方法
1.レイクのアプリをダウンロードしてログインしておきます
2.アプリ画面の「返す」→「スマホATM取引」を選択します
3.バーコードリーダーが表示されるので、スマホはこの状態にしておきます
4.セブン銀行ATMのトップ画面から「引出し・預入れ クレジット取引など」→「スマートフォン」を選択します
5.ATMにQRコードが表示されるので、スマホで読み取ります
6.4桁の企業番号が表示されるので、ATMに入力します
7.このあとはATM画面の操作に従って返済を行います

スマホATMならほぼ24時間返済できるので非常に便利なのですが、曜日によって返済可能となる時間帯が微妙に異なります。深夜に返済する場合は要注意ですね。

▼スマホATMで返済できる時間帯

曜日 利用時間帯
月曜 5:00~23:50
火曜・水曜 0:15~23:50
木曜 1:30~23:50
金・土・日 0:15~23:50

※第3日曜日は0時15分~20時になります
 

また、スマホATMでの返済には、毎回以下の手数料が発生します。

取引金額 利用手数料
1万円以下 110円
1万円超 220円

 

その都度支払う手数料は高いものではありませんが、返済するたびに手数料を支払うのはもったいないのではないでしょうか。

毎月の返済にはできるだけ手数料がかからない方法を見つけておくべきでしょう。

「提携ATM」でレイクに返済する

レイクの提携ATMから現金を入金して返済する方法です。

返済に利用可能なATMは借入に使えるATMとは異なりますのでご注意下さい。

▼返済に利用可能なATM
・セブン銀行ATM ← カードレスOK
・ローソン銀行ATM
・E-net
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・三十三銀行ATM

提携ATMからの返済には1万円以下の返済なら110円、1万円超なら220円の手数料が発生します。

「銀行振込み」でレイクに返済する

レイクが指定する銀行口座に金融機関のATMや銀行窓口から返済する方法です。

返済先の銀行口座はひとりひとり異なるため、会員ページ「ご返済時の振込入金口座照会」で確認してから振込み手続きを行う必要があります。

銀行振込み返済の手数料は利用者負担となるのですが、スマホATM返済や提携ATM返済よりも高くなることが予想されますので、あまりおすすめできる返済方法ではありません。

また、お使いの銀行のインターネットバンキングで銀行振込み返済をすることもできるのですが、この場合も手数料が発生します。

同じインターネットバンキングを使った返済でも、「レイクのWeb返済サービス」なら手数料無料なのですが、インターネットバンキングで返済をすると有料になります。

レイクの返済日はいつ?

レイクの返済日

レイクの返済日は、ご都合に合わせて決まった1日を選ぶことができます。

カードローンの返済日は、お給料日の少し後に設定しておくと延滞しにくくなります。

例えばお給料日が毎月25日なら返済日は27日~28日にすると良いですよ。

「返済期間」に注意

レイクの返済には返済期間が設けられていて、自分で設定した返済日の14日前から返済日までが返済可能な期間となります。

(例)返済日が27日(月)の場合
14日から27日が返済可能となりますので、この期間に入金します。
口座振替返済の場合は27日に引き落とされます。

返済日が土日祝日で銀行休業日の場合は、翌営業日が返済日になります。

(例)返済日が27日(土)の場合
返済日が銀行休業日なので翌営業日となる29日(月)が返済期日になるので、14日~29日に入金返済します。
口座振替返済の場合は29日(月)に引き落とされます。

レイクの約定返済額。「残高スライドリボルビング方式」「元利定額リボルビング方式」とは?

レイクの約定返済額

カードローンの返済額は、返済方式によって計算されます。

レイクの返済方式は「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」があります。

残高スライドリボルビング方式:最終借入時の借入残高で返済額が決まる

「残高スライドリボルビング方式」では、最終借入時の借入残高によって毎月の返済額が決まります。

金利18.0%、返済回数60回で返済する場合の毎月の返済額はこちらです。

最終借入時の借入残高 約定返済額
1~100,000円 4,000円
100,001円~200,000円 8,000円
200,001円~300,000円 12,000円
300,001円~400,000円 12,000円
400,001円~500,000円 14,000円

 

「残高スライドリボルビング方式」では最終借入時の借入残高によって返済額が決まります。

初回にレイクから50万円借りた場合、約定返済額は14,000円になります。

返済が進んで借入残高が40万円になっても最終借入時の借入残高は50万円のままなので、毎月の返済額は14,000円から変更入ありません。

レイクから追加でお金を借りて最終借時の借入残高が40万円になったら、約定返済額は12,000円になります。

返済が進んで借入残高が減ってきても、追加でお金を借りて最終借入時の借入残高に変更がなければ約定返済額に変更がないことは覚えておきましょう。

元利定額リボルビング方式:毎月一定額を返済

「元利定額リボルビング方式」は、借入残高に関係なく毎月決まった金額を返済する方法です。

返済額は審査によって決定される融資限度額によって決まります。

▼「元利定額リボルビング方式」の返済例

融資限度額 約定返済額
10万円 4,000円/36回まで
20万円 8,000円/36回まで

 

レイクに電話で確認!返済方式は選択できるの?

この2つの返済方式について、どちらを選ぶべきなのか、どちらの利用者が多いのかなど、気になることをレイクに電話で問い合わせてみました。

私の質問:「残高スライドリボルビング方式」と「元利定額リボルビング方式」では、どちらの利用者が多いんですか?

レイクの回答:そうですね、お借入残高によって返済額が変動する「残高スライドリボルビング方式」の方をご利用いただいているお客様が多くなっております。

私の質問:2つの返済方式は、契約時に自分で選ぶのでしょうか?

レイクの回答:いえ、新規お申し込みの時点では「元利定額リボルビング方式」は選択することができかねまして、自動的に「残高スライドリボルビング方式」になります。わかりにくいご案内で申し訳ございません。

レイク公式サイトには2つの返済方式が記載されていますが、なんと選択制ではなく、新規契約時には自動的に「残高スライドリボルビング方式」になるのだそうです。

「残高スライドリボルビング方式」は、他の消費者金融でも採用されているとても一般的な返済方法です。(若干名称が異なることがあります)

「元利定額リボルビング方式」を選択できなくても特に心配は不要です。

レイクの「追加返済」について

レイクでは、いつでも追加返済ができます。

レイクへの追加返済方法は、WEB返済サービス、スマホATM、提携ATM、銀行振込みのどの方法でも構いませんし、追加返済することをレイクに連絡する必要もありません。

レイクへ追加返済を行うとどんどん元金を減らすことができるので、お財布に余裕ができたときにはぜひやっておきましょう。

約定返済額より多く返済する

約定返済額よりも多く返済した金額は全て追加返済扱いになります。

返済期間外に返済する

レイクの返済は、返済日から14日前までが返済期間になります。これ以外の期間に返済した金額も追加返済扱いになります。

レイクの「一括返済」について

借入残高+利息+その他費用(未精算の提携ATM手数料、遅延損害金、不足金など)をまとめて返済する一括返済も可能です。

カードローンの利息は日ごとに変わりますので、一括返済する日の返済総額を確認してから返済手続きを行います。

返済総額はレイクの会員ページ「完済金額の確認」から確認できます。

レイクへの一括返済の方法は、端数まで返済可能な「Web返済サービス」または「銀行振込み」をおすすめします。Web返済サービスなら手数料は無料です。

 

レイクの審査申し込み方法・契約手続きの流れ

レイクの審査申し込み方法・契約手続きの流れ
レイクの審査申し込み方法は以下になります。

・WEB申込み
・自動契約機
・電話

レイクの審査申し込みの流れを解説します。

「WEB申し込み」の流れ

レイクの「WEB申し込み」は、パソコン・スマホから申し込み手続きを行います。

24時間365日いつでも申し込み可能で最短25分融資なので、いちばんおすすめできる申し込み方法です。

1.申し込みフォームから申し込む
レイク公式サイトの申し込みフォームに必要事項を入力して送信します。

2.審査結果の確認
審査結果は最短15秒で画面に表示されるので確認しましょう。

3.契約手続き
契約手続きフォームに進み、必要事項を入力して契約手続きを行います。

4.本人確認
本人確認の方法はレイクとの契約方法によって異なります。

▼Web契約(カード郵送なし)
レイクのローンカードが不要な場合は、この「Web契約(カード郵送なし)」を選択します。本人確認方法は、「スマート本人確認」「口座登録で本人確認」のどちらかが指定されます。

【スマート本人確認】
運転免許証と自分の顔の両方をスマホカメラで撮影して、本人確認を行う方法です。

【口座登録で本人確認】
本確認済みの銀行口座を登録することで、レイクの本人確認を行う方法です。
銀行口座登録の後に本人確認書類の提出が必要になります。

▼Web契約(カード郵送あり)
レイクのローンカードを郵送で受け取る契約方法です。
本確認済みの銀行口座を登録することで、レイクの本人確認を行います。
銀行口座登録の後に本人確認書類の提出が必要になります。
後日、ローンカードが自宅に郵送されてきますので、郵送を避けたい場合は次の「自動契約機」を選びましょう。

▼自動契約機でカードを受け取る
レイクの自動契約機でローンカードを受け取る契約方法です。
本人確認書類を持参してレイクの自動契約機に来店して、画面の案内に従って契約・ローンカード発行を行います。
「ローンカードは必要だけど、自宅に郵送されてくるのは困る」という場合は、この方法を選択しましょう。

レイクのWEB申し込みは、申し込み手続き完了から15秒程度で画面に審査結果が表示されるのですが、この審査結果がお知らせされる時間は以下のようになっています。

平日・土曜日・日曜日・祝日 8:10~21:50
毎月第3日曜日 8:10~19:00

 
時間外に申し込むと審査結果は翌営業日のお知らせとなりますのでご注意下さい。

 

レイクの「自動契約機」で申し込む流れ

レイクの自動契約機に来店して申し込み手続きを行う方法です。

自動契約機内で待つ時間が発生しますが、申し込み完了からローンカード発行まで最短30分で完了します。

1.必要書類を持参して自動契約機に来店する
運転免許証などの本人確認書類を忘れずにレイクの自動契約機に持っていきましょう。

2.自動契約機の案内に従って入力する
レイクの自動契約機画面の「はじめてのお申込み ご契約手続き」を選択して、必要事項を入力して下さい。

3.本人確認書類の提出
運転免許証をレイクの自動契約機にセットしてスキャンして提出します。運転免許証がない場合は他の本人確認書類でも大丈夫です。

4.審査結果の確認
レイクの審査結果が自動契約機の画面に表示されるので確認して提出します。

5.契約内容の確認
契約内容確認書類が発行されるので、内容を確認して「確認」ボタンを押します。

6.ローンカードの発行
レイクのローンカードを自動契約機で発行します。

「電話」でレイクに申し込む流れ

電話でレイクの審査に申込み

1.電話で申し込み手続きを行う
レイクのフリーコール「0120-09-09-09」に電話をかけると、自動音声が流れますので「1:はじめてのお申込み」を選択します。
レイクのオペレーターにつながり審査項目をヒアリングされますので回答します。

2.審査結果のお知らせ
レイクの審査はすぐに行われ、その場で回答があります。
※審査によっては後ほどかけ直しとなることがあります。

3.契約手続き・本人確認
本人確認の方法はレイクとの契約方法によって異なります。

▼Web契約(カード郵送なし)
レイクのローンカードが不要な場合は、この「Web契約(カード郵送なし)」を選択します。本人確認方法は、「スマート本人確認」「口座登録で本人確認」のどちらかが指定されます。

【スマート本人確認】
運転免許証と自分の顔の両方をスマホカメラで撮影して、本人確認を行う方法です。

【口座登録で本人確認】
本確認済みの銀行口座を登録することで、レイクの本人確認を行う方法です。
銀行口座登録の後に本人確認書類の提出が必要になります。

▼Web契約(カード郵送あり)
レイクのローンカードを郵送で受け取る契約方法です。
本確認済みの銀行口座を登録することで、レイクの本人確認を行います。
銀行口座登録の後に本人確認書類の提出が必要になります。
後日、ローンカードが自宅に郵送されてきますので、郵送を避けたい場合は次の「自動契約機」を選びましょう。

▼自動契約機でカードを受け取る
レイクの自動契約機でローンカードを受け取る契約方法です。
本人確認書類を持参してレイクの自動契約機に来店して、画面の案内に従って契約・ローンカード発行を行います。
「ローンカードは必要だけど、自宅に郵送されてくるのは困る」という場合は、この方法を選択しましょう。

レイクで最短で借りられる申し込み方法はどれ?

レイクから最短で借りるための申し込み方法は、「WEB申込み」になります。

申込みが完了すると最短15秒で審査結果が表示されるので、21時(日曜日は18時まで)に確認して契約手続きに進めば最短25分で借りることができます。

⇒レイクの即日融資!即日振込の時間は?当日借入の注意点

 

※最短25分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

ローンカードが必要なら審査通過後にレイクの自動契約機へ

ローンカードを発行したい場合は、「WEB申し込み」で審査に通過したことを確認してから本人確認書類を持参してレイクの自動契約機に行きましょう。

その場で契約手続きとローンカード発行ができます。

平日の夕方以降や土日祝日は審査が混雑しやすくなっています。

レイクの審査回答時間は21時(日曜日は18時)までとなっていますが、審査に時間がかかることが予想されますので、急いでいるときは早めに申し込むことをおすすめします。

レイクの必要書類

レイクの必要書類
レイクの必要書類は「本人確認書類」「収入証明書類」があります。

レイクの本人確認書類

・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・健康保険証
・在留カード/特別永住者証明書

レイクは契約方法によって本人確認書類が決まっています。

契約方法 必要な本人確認書類
スマート本人確認 運転免許証
口座登録で本人確認 ・運転免許証
・パスポート
・健康保険証
・在留カード/特別永住者証明書
Web契約(カード郵送あり) 本人確認書類2点
または
本人確認書類1点+住所確認書類1点(※1)
自動契約機で契約 ・運転免許証
・パスポート
・マイナンバーカード
・健康保険証
・在留カード/特別永住者証明書

(※1)住所確認書類は、公共料金の領収書(ガス・電気・固定電話・NHK・水道)または住民票の写し、印鑑登録証明書になります。
 

本人確認書類に記載されている住所と現住所が異なる場合は、「本人確認書類1点+現住所記載の住所確認書類」が必要になります。

レイクの収入証明書類

収入証明書類の提出は必須ではなく、以下に該当する場合に提出を求められます。

・レイクの利用限度額と他社の借入れ総額の合計が100万円を超える場合
・レイクの利用限度額の総額が50万円を超える場合
・以前提出した収入証明書類が発行日から3年以上経過している場合

▼レイクの収入証明書類
・源泉徴収票
・給与明細書
・住民税決定通知書/納税通知書
・確定申告書
・所得(課税)証明書

レイクの利用限度額が50万円を超えると収入証明書類が必要になりますので、収入証明書類をすぐに用意できない場合は、希望限度額を少額にしておくと良いですよ。

レイクは原則電話在籍確認なし!

レイクは原則電話在籍確認なし
レイクは原則、職場への在籍確認の電話を行なっていません

以前は審査担当者が利用者の勤務先に電話をかけて在籍確認を行なっていたのですが、現在はプライバシー保護の観点や、在宅ワークが増えたことから勤務先への電話は基本的に行わないこととなりました。

審査によってどうしても電話在籍確認が必要と判断された場合も、利用者の同意なくかかってくることはありませんので安心です。

また、審査担当者の性別の希望を聞いてもらえたり、どうしても電話が難しい場合は書類を提出することで電話在籍確認の代わりとすることもできます。
レイクなら柔軟に対応してもらえますので、不明点や希望があったらフリーダイヤル0120-09-09-09に相談してみて下さい。

レイクの即日融資!審査回答時間は何時まで?

何度かお伝えしている通り、レイクの審査回答時間は平日と土曜日は21時まで(日曜日は18時まで)となっています。

この時間までは審査を行なってもらえるのですが、審査は申し込み順に行われますので、ギリギリに申し込みをすると当日の審査に間に合わないことがあります。

レイクに早い時間に申し込みをした方が早く契約手続きができますので、即日融資を希望する方は本人確認書類を用意して早めに申し込みをするようにしましょう。

⇒レイクの即日融資!即日振込の時間は?当日借入の注意点

 

レイクの自動契約機を解説!

レイク自動契約機の使い方を解説
全国に設置してあるレイクの自動契約機では、

・新規申し込み
・審査結果の確認
・必要書類の提出
・ローンカードの発行、再発行

などの手続きができます。

特にレイクのローンカードを即日発行したい方と、ローンカードが自宅に送られてくると困る方には便利ですよ。

レイクの自動契約機の使い方・営業時間

レイクの自動契約機で新規申込を行う流れを詳しく見ていきましょう。

1.営業時間に来店する

本人確認書類を持参して、最寄りの自動契約機に来店しましょう。

店舗検索はこちら

▼自動契約機の営業時間

平日・土曜日・祝日 9:00~21:00
日曜日 9:00~19:00

※一部店舗では営業時間が異なることがあります。

2.申し込み手続きを開始

レイクの自動契約機の画面の「はじめてのお申込み ご契約手続き」を押します。

事前審査を受けていることを確認されるので、「いいえ」を選択して、画面の案内に従って申込み手続きを行います。

3.本確認書類の提出

レイクの自動契約機に本人確認書類をセットして、スキャンして提出します。

4.審査結果の確認

レイクの自動契約機の画面にカードローンの審査結果が表示されます。

5.契約書類の発行

契約内容が書かれた書類が発行されるので、内容を確認して「確認」を押します。
レイクの契約書類は持ち帰ることができます。

6.ローンカードの発行

レイクのローンカードもすぐに自動契約機で発行することができます。

レイク自動契約機で申し込むメリット

自動契約機に行かなくてもインターネットで申し込むことができますが、あえて来店して申し込みをするメリットはどんなところなのでしょうか?

ローンカードを即日発行できる

レイクの自動契約機を利用すれば、その場で申し込み・審査結果の確認・契約・ローンカード発行ができます。

自動契約機以外の方法で、レイクのローンカードを即日発行することはできませんので、早く欲しい時には便利な方法です

契約に関する書類の郵送を避けられる

ローンカードは郵送で受け取ることもできるが、消費者金融からの郵送物が自宅に送られてくると家族にバレるから困る・・・という方も多いことと思います。

自動契約機で発行すれば契約書類・ローンカードが自宅に送られてくることはありませんので、郵送物からバレることもありません。

レイク自動契約機で申し込むデメリット

自動契約機は便利なサービスなのですが、把握しておきたいデメリットもあります。

無人店舗を出入りする姿を見られる可能性もある

レイクの無人契約機は大きな道沿いのわかりやすいところや駅前などの目立つところに設置されていることが多いです。目立つ看板を見たことがある方も多いことでしょう。

人通りが多いところに設置されているため、自動契約機に出入りしているところを職場の方や家族に見られてしまう可能性もあります。

気になる場合は、自宅や職場から離れたところにある店舗を利用するようにしましょう。

先客がいると自動契約機を利用できない

レイク自動契約機は予約ができないので、来店した時に先客がいる場合は利用することができません。

消費者金融の自動契約機は1か所に1台しか設置されていないことが多いので、先客がいる場合は手続きが終わるのを待つか、または別の自動契約機を探す必要があります。

 

レイクのよくある質問・Q&A

レイク借り方 よくある質問

ここではレイクに関するよくある質問をQ&Aで回答しています。

レイクの退会・解約方法は?

レイクの解約方法

完済したあとも契約を継続することもできますが、もうレイクからお金を借りる必要がない場合は解約してスッキリしましょう。

レイクの解約は電話1本でできるので安心です。

フリーダイヤル「0120-09-09-09」に電話をかけるとレイクの解約の手続きを行なってもらえます。

借入残高があるとレイクを解約できないので、完済してから解約手続きの電話をかけるようにしましょう。

解約証明書を発行してもらえます

解約証明書は、レイクとの契約を解約したことを証明する書類です。
レイクを解約した後に会員ページ「ご利用状況・ご契約内容」から発行することができますので、必要な場合は行なっておきましょう。

遅延・延滞しそうなときはどうすればいい?

レイクへの返済をどうしても延滞してしまいそうな時には、会員ページ「ご返済情報の確認」から返済予定日の登録を行いましょう。

通常は延滞が発生すると電話やSMSで確認の連絡が入るのですが、事前に登録をしておけば、延滞が発生しても返済予定日までは催促の連絡が入ることはありません。

ただ、レイクの返済予定日を登録していても、1日ごとに20.0%の遅延損害金が発生してしまうので、できれば延滞はしない方が良いですよ。

返済日を知らせてもらえるサービスはある?

うっかり返済日を忘れてしまいそうな時には、メールサービスを利用しましょう。

レイクの返済期日の前に次回返済日と返済金額をメールで知らせてもらえるので、返済忘れを防ぐことができます。

また、スマホアプリでは次回返済日・返済金額などを確認できるので、知りたいときにはいつでも確認することができます。

限度額を増額してもらいたいときは?

レイクと契約をした後に、もう少し限度額を上げてほしいと思ったら、増額審査に申し込みましょう。

増額審査は契約後に限度額を上げてもらうための手続きで、審査に通過したら増額してもらえます。

ただし、増額審査は契約後すぐに申し込むことはできません。

一定期間延滞せずに返済を行って増額審査に申し込み可能となったら、レイクの会員ページの「ご利用限度額変更のご案内」に案内が届きます。この増額の案内が届いたら増額審査に申し込むことができます。

また、レイク会員ページ「お客さま情報の確認・変更」で「お得な情報ご案内メール」の受信設定をしておくと、増額審査可能となった場合にメールでお知らせが届きます。

増額審査に通過するためのポイント

増額審査に通過するためには、次の3つに気をつけておく必要があります。

・レイクの返済を延滞しないこと
・他社返済を延滞しないこと
・他社借入が増えていないこと
レイクの返済を延滞しないこと

増額審査ではレイクの返済状況を必ず確認されます。

どのカードローン業者も延滞している人に増額することは決してありませんので、直近で延滞していることがわかったら増額審査には通過できません。

他社返済を延滞しないこと

増額審査では信用情報の確認も行われますので、他社の返済を延滞しているとバレてしまいます。

延滞しているにも関わらず増額して欲しいということは、返済能力に心配があるということになるので、やはり増額してもらうことはできません。

他社借入が増えていないこと

信用情報を確認すれば他社借入が増えていることもわかってしまいます。

他社からの借入も増えていて、さらにレイクで増額して欲しいということは、よほどお金に困っているのかな?と思われてしまい、増額審査に落ちてしまうのです。

レイクのローンカードは発行した方が良い?

レイクでローンカードを発行するメリットは、以下のATMを利用できることです。

・ローソン銀行ATM
・E-net
・三菱UFJ銀行ATM
・イオン銀行ATM
・三井住友銀行ATM
・西日本シティ銀行ATM
・三十三銀行ATM
・福岡銀行ATM
・十八親和銀行ATM
・熊本銀行ATM
・広島銀行ATM

利用したいATMがセブン銀行ATMだけならスマホATMが使えるので、レイクアプリがあればローンカードは不要です。

また、銀行振り込みでお金を借りて、お手持ちのキャッシュカードを使ってATMから引き出せば、同じくローンカードは不要です。

レイクは闇金とは違う??

レイクが闇金ではないことはみんなわかっていることと思います。正規の消費者金融なので、ヤミ金や違法業者とは一切関係ありません。

日本国内で貸金業を営むには必ず国(財務局)または都道府県に申請して登録を受ける必要があります。

金融庁が公開している登録貸金業者情報検索入力ページで、レイクの登録番号を確認した結果がこちらです。
レイクの運営会社である新生フィナンシャル株式会社は金融庁に登録しているので闇金ではない
レイクの運営会社である新生フィナンシャル株式会社の情報が表示されました。

レイクは間違いなく正規の貸金業者であることがわかります。

日本貸金業協会の会員番号である「日本貸金業協会会員第000003号」も協会員検索ページでチェックしてみましょう。
レイクは日本貸金業協会に加盟している
レイクの日本貸金業協会の加盟状況を確認できました!

日本貸金業協会の加盟は必須ではなく任意になるのですが、当然ながら闇金や悪質な業者は加盟することができません。

新生フィナンシャル株式会社(レイク)は間違いなく正規の貸金業者ということが証明されました。

レイクは土日・祝日でも審査してくれる?

レイクは土日でも審査および融資が可能です。

平日と土曜日は21時まで、日曜日は18時までに契約手続きを完了させておけば、口座振込で即日借りることができます。

また、契約後はカードレスのスマホATMで借りることもできるので、セブン銀行ATMに行けばすぐに現金を借りることもできます。

ただし、土日は申し込みをする方も多いので、審査が混雑することが予想されます。

レイクから即日融資で借りたい場合はできるだけ早い時間に申し込み手続きを行なっておきましょう。

レイクのメリット・デメリット

レイクのメリット・デメリット
数あるカードローンの中からレイクを利用するメリット・デメリットを確認しておきましょう。

レイクを利用するメリット

・無利息期間サービスを選ぶことができる!
・審査結果が最短15秒でわかる
・WEB申し込みなら最短25分融資!
・郵送物なし!

無利息期間サービスを選ぶことができる!

レイクの無利息期間サービスは「借入額全額60日間無利息(WEB申込み限定)」または「借入額のうち5万円まで180日間無利息」を選ぶことができます。

無利息期間も長いですし大手消費者金融で無利息期間サービスを選べるのはレイクだけですので群を抜いて優れています。

なお、「借入額全額60日間無利息」はWEB申し込み限定のサービスになります。他の方法で申し込んでしまうと30日間無利息に短縮されてしまいますのでご注意下さい。

審査結果が最短15秒でわかる

レイクにWEB申し込みをすると、審査結果が最短15秒で画面に表示されます。
審査結果が出るまでに何時間も何日も待つ必要はありませんので、時間の無駄がないですよ。

WEB申し込みなら最短25分融資!

レイクの場合、最短15秒で審査結果が表示されてからスムーズに本人確認書類を提出すれば、申し込み完了から融資まで最短25分です。

レイクなら契約もオンラインでできますし、自動契約機に来店すればローンカードを即日発行することもできます。

急いで借りたいときにもレイクはおすすめです。

※最短25分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

レイクは郵送物なし!

自宅にレイクからの郵送物が送られてくると困る場合は、「Web(カード郵送なし)」または自動契約機に行って契約手続きを行えば、郵送を避けることができます。

消費者金融からの郵送物は家族にカードローン利用がバレてしまう大きな原因になりますので、とても助かるサービスですね。

レイクを利用するデメリット

メリットや便利な点が多いレイクですが、デメリットも確認しておきましょう。

・手数料無料のATMがない
・低金利ではない

レイクには手数料無料のATMがない

カードローンATMがなくなってしまったため、レイクには手数料無料で使えるATMがありません。

ATMから借りたい場合はスマホATM(カードレス)、提携ATMを利用するか、1度銀行振込で借りてからキャッシュカードを使って引き出す方法となります。

レイクは低金利ではない

レイクの上限金利は18.0%なので、低金利とは言えません。

これは他の大手消費者金融も同じなので、レイクだけのデメリットではないのですが、お金の借り過ぎにはくれぐれも気をつけましょう。

 

貸金業法に基づく「レイクdeおまとめ」

貸金業法に基づく「レイクdeおまとめ」

融資額 10万円~500万円
金利(実質年率) 6.0%~17.5%
利用対象者 満20歳~70歳までの安定した収入のある方
遅延損害金 20.0%
返済方式 元利定額返済方式
返済期間 最長10年(最大120回)
保証人・連帯人 不要
資金使途 他社借入金の返済

 

「レイクdeおまとめ」は、複数の貸金業者から借りているお金をレイクで借り換えることで、金利を下げたり毎月の返済額を抑えて返済負担を減らし、完済を目指しやすくする商品です。

「レイクdeおまとめ」で借り換えると、現在借りている業者への返済は完済します。

今後の返済はレイクにだけ行えば良いので返済回数は毎月1回に軽減されますし、返済額を抑えることもできます。(借入内容によっては全額借り換えができないこともあります)

以下は、「レイクdeおまとめ」で借り換えた場合の毎月の返済額の目安です。

借り換えた金額 返済期間(回数) 毎月の返済額
50万円 3年(34回) 19,000円
5年(59回) 13,000円
7年(78回) 11,000円
100万円 3年(35回) 36,000円
5年(57回) 25,000円
8年(89回) 19,000円
200万円 3年(35回) 72,000円
5年(59回) 49,000円
8年(94回) 37,000円
300万円 3年(35回) 100,000円
5年(58回) 66,000円
7年(83回) 51,000円
10年(116回) 41,000円
400万円 3年(35回) 134,000円
5年(59回) 87,000円
7年(83回) 68,000円
10年(119回) 54,000円
500万円 3年(35回) 167,000円
5年(59回) 109,000円
7年(83回) 85,000円
10年(117回) 68,000円

 

例えば、レイクで40万円、アコムで30万円、プロミスで30万円の合計100万円借りているとします。この場合の毎月の返済例がこちらです。

毎月の返済額 返済期間(回数)
レイク 12,000円 3年10か月(46回)
アコム 9,075円 3年10か月(46回)
プロミス 11,000円 3年(36回)
合計 32,075円

 

この内容を「レイクdeおまとめ」で借り換えて3年で完済するなら毎月の返済額は36,000円、5年で完済するなら25,000円、8年なら19,000円となります。

あまりにも返済負担を減らしすぎると返済期間が長期化してしまうので良くないのですが、現在よりも返済額を抑えることは可能です。

なお、おまとめローンは総量規制の例外商品になりますので、年収の3分の1を超える借入も可能です。すでに総量規制ギリギリまで借りている方も検討してみると良いでしょう。

貸金業法に基づく「レイクdeビジネス」

貸金業法に基づく「レイクdeビジネス」

融資額 10万円~500万円
金利(実質年率) 4.5%~18.0%
利用対象者 満20歳~70歳の個人事業主の方
遅延損害金 20.0%
返済方式 ・残高スライドリボルビング方式
・元利定額リボルビング方式
返済期間 最長10年(最大120回)
※融資枠の範囲内での追加借入や繰上返済によって、返済期間・回数は変動します。
保証人・連帯人 不要
資金使途 事業資金(開業資金は不可)

 

「レイクdeビジネス」は最高500万円まで借入可能な個人事業主専用のローンです。

総量規制の例外貸付けになりますので年収の3分の1を超える融資も可能ですし、借りたお金を事業性資金として使うことができます。

急ぎの融資にも対応していて、19時30分(日曜日は19時まで)にレイクの自動契約機で手続きが完了すれば即日融資が可能となります。

レイクdeビジネスは「カードローン」なので必要な金額だけを借りられるというメリットもあります。

なお、「レイクdeビジネス」の審査には収入証明書類が必要になりますので、

・確定申告書B(第一表)
・青色申告決算書
・収支内訳書

のいずれか1期分を提出しなければいけません。そのため、「レイクdeビジネス」を開業資金としては利用できません。

起業して1年未満の方は「レイク de ビジネス」専用のフリーダイヤルに相談してみて下さい。

レイク de ビジネス フリーダイヤル0120-851-900
受付時間10時30分~19時30分(日曜日は19時まで)


<レイクの無利息期間サービスについて>
※1.180日間無利息:■30日間無利息・60日間無利息と併用不可。■契約額1万円~200万円まで。■期間経過後は通常金利になる。■初めての方は初回契約翌日から無利息。■契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります。
※2.60日間無利息・・・■30日間無利息・180日間無利息と併用不可。■期間経過後は通常金利になる。■Webで申込み、契約額が1~200万円の方。■初めての方は初回契約翌日から無利息。■契約額が200万以上の方は30日無利息のみになります。■Web以外で申込された方は60日間無利息を選べません。

商号:新生フィナンシャル株式会社
貸金業登録番号:関東財務局長(10) 第01024号 日本貸金業協会会員第000003号
利用対象:満20歳以上70歳以下で日本に住んでいる方で、日本の永住権を取得されている方でメールアドレスをお持ちの方。
返済方式:残高スライドリボルビング/元利定額リボルビング
返済期間・回数:最長5年・最大60回
遅延損害金(年率):20.0%

PAGETOP