プロミスは全国コンビニATMで借入・返済可能!デメリットは手数料

PR

プロミスは全国コンビニATMで借入・返済可能!デメリットは手数料
プロミスには自社ATMのプロミスATMがあり、そちらから現金を借りることもできるのですが、実はセブンイレブン、ローソン、ファミリーマートなどのコンビニATMでもお金を借りることができるんです。

さらにプロミスの場合、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMならカードレスで借りられるんですよ。

ここでは、プロミスの提携ATM一覧、コンビニATMの使い方、コンビニATMから借入・返済をするメリット・デメリット、コンビニATMの手数料、利用時間帯などを詳しく解説します。

全国どこでも24時間運営しているコンビニを使いこなせば、プロミスがますます便利になりますよ!


もくじ

プロミスで借入・返済ができるATMは?プロミスの提携ATM

プロミスで借入・返済ができるATMは?プロミスの提携ATM
プロミスには自社ATMとなるプロミスATMもありますが、他にもたくさんの提携ATMが用意されています。

プロミスの提携ATM 借入・返済どちらにも使える?
三井住友銀行ATM
セブン銀行ATM
ローソン銀行ATM
E-net
ゆうちょ銀行ATM(※)
イオン銀行ATM
熊本銀行ATM
十八親和銀行ATM 借入のみ
西日本シティ銀行ATM
八十二銀行ATM 借入のみ
広島銀行ATM 借入のみ
福岡銀行ATM
三菱UFJ銀行
横浜銀行

(※)ゆうちょ銀行で借入・返済をするにはWeb明細の登録が必要となります。
 
なお、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATM以外のATMから借入・返済をする場合はローンカードが必要になりますので、契約時に発行しておくようにしましょう。

プロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料

プロミスで利用できるATMのうち、プロミスATMと三井住友銀行ATMは利用手数料がかかりません。

設置店舗によっても異なりますが、プロミスATMは7時~24時、三井住友銀行ATMは9時~21時まで利用できますので、ATMからの借入が多い場合はプロミスATM・三井住友銀行ATMを利用すれば手数料を節約できます。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

プロミスで使えるコンビニATM

プロミスで使えるコンビニATM
プロミスで利用できるコンビニATMは、

・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
・イオン銀行ATM

があります。

それぞれの設置場所や店舗を確認しておきましょう。

コンビニATM 設置場所・店舗など
セブン銀行ATM セブンイレブン、イトーヨーカドー・ヨークベニマルなどのスーパーマーケット、地下街、商業施設、学校、病院、駅、サービスエリア、工場など
ローソン銀行ATM ローソン、ナチュラルローソン、サービスエリア、空港など
E-net ファミリーマート、デイリーヤマザキ、ポプラ、生活彩家、ニューデイズ、もより市、ライフ・ベイシアなどのスーパーマーケット、サービスエリア、ショッピングセンターなど
イオン銀行ATM ミニストップ、イオン・マックスバリュ・BIGなどのスーパーマーケット、その他商業施設など

 

それぞれのATMの設置場所は、金融機関の公式サイトから検索することができますよ。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

プロミス コンビニATMの利用時間

コンビニATMは、メンテナンスを除く24時間利用することができます。

ここではコンビニATM各社の利用可能な時間帯を解説します。

なお、利用時間は設置場所によっては異なります。

例えばセブンイレブンに設置してあるセブン銀行ATMならほぼ24時間利用可能ですが、イトーヨーカドーなどのスーパーマーケット内のセブン銀行ATMは店舗の営業時間に準じます。

また、年末年始やゴールデンウィークなどの大型連休期間も通常と異なることがありますので、最寄りの店舗のコンビニATM利用可能時間を確認しておくことをおすすめします。

セブン銀行ATMの利用可能な時間帯

曜日 利用可能な時間帯
月曜 7:00~23:50
火曜~金曜 0:10~23:50
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:50

 

セブン銀行ATMは、毎週月曜日の0:10~7:00はシステムメンテナンスのため利用不可となります。

また、毎日23:50~0:10も利用不可となりますが、それ以外の時間帯はいつでも利用できます。

ローソン銀行ATMの利用可能な時間帯

曜日 利用可能な時間帯
月曜 7:00~23:50
火曜~金曜 0:10~23:50
土曜 0:10~23:50
日曜 0:10~23:50
祝日 曜日通り

 
ローソン銀行ATMも、毎週月曜の0:10~7:00と毎日23:50~0:10はシステムメンテナンスのため利用不可です。また、1月1日も利用することができません。

E-netの利用可能な時間帯

E-netは設置店舗によって利用可能な時間帯が異なるのですが、基本的には毎週月曜0:10~7:00を除くほぼ24時間利用可能となっています。

イオン銀行ATMの利用可能な時間帯

曜日 利用可能な時間帯
月曜 7:00~23:45
火曜~金曜 0:10~23:45
土曜日 0:10~23:45
日曜・祝日 0:10~23:45

 
イオン銀行ATMは毎週月曜0:10~7:00と毎日23:45~0:10はシステムメンテナンスのため利用不可となります。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

コンビニATMでプロミスを利用する際の手数料

コンビニATMでプロミスを利用する際の手数料
プロミスの借入・返済をコンビニATMから行うと、その都度以下の手数料が発生します。

取引金額 借入時 返済時
1万円以下 110円 110円
1万円超 220円 220円

 
ちなみにプロミスATMと三井住友銀行ATMは手数料無料ですが、コンビニATM以外の提携ATM利用時も同じく、1万円以下の取引なら110円、1万円超なら220円の手数料が発生します。

ATM利用手数料としては高くはありませんが、無料ではないということは覚えておきましょう。

プロミス コンビニATM手数料の支払い方法は?

コンビニATM利用手数料の支払いは、「次回返済時」に行うことになります。

例えば、コンビニATMで1万円借りて、220円のATM利用手数料が発生したとします。

借りる時に発生するATM利用手数料も次回返済時に払うことになるので、借入額は1万円全額になります。

借入時に負担するATM利用手数料はありません。

ATM利用手数料の220円は、次回返済時に約定返済額の元金充当額から差し引かれることになります。

仮に約定返済額が3,000円で、そのうち2,000円が元金返済分、1,000円が利息の返済分だとすると、元金返済分からATM利用手数料220円が差し引かれるので、この月に返済できる元金は1,780円になるのです。

ATM利用手数料の支払いが発生すると、その分だけ元金の減りが遅くなってしまうことに注意が必要ですね。

プロミス コンビニATMの利用明細は自宅に届くの?

ATMで借入・返済をする場合、利用明細は必ず発行されます。

プロミスATM利用時の明細書はATMからその場で発行されるので、すぐに確認することができます。

コンビニATMなどの提携ATMを利用する場合も、基本的にはその場で発行されるのですが、一部のATMでは後日自宅に郵送されてくる場合もあります。

カードローンの利用明細が自宅に送られてくるのは困る・・・という場合は、Web明細の利用登録を行なっておきましょう。

Web明細はプロミスの利用明細書や受取証書などを、書面ではなくインターネットの会員サービスで確認できるサービスです。

Web明細の利用登録を事前に行なっておくことで、紙の利用明細が送られてくることを防ぐことができます。

Web明細の利用登録方法

1.プロミス会員サービスにログインする。
2.メニューの「お客さま情報の管理」から「書面受取方法変更」を選択する。
3.「書面受取方法変更」で「Web明細」を選択する。

Web明細の利用登録はプロミスの自動契約機から行うこともできますが、会員ページからの登録ならどこにも出かけることなくできるので簡単です。

Web明細の確認方法

1.会員サービスにログインする。
2.「お客さま情報の管理」で「お取引履歴照会」を選択する。
3.「お取引明細書のダウンロードへ」で確認する。

Web明細の利用登録は「30日間無利息サービス」の適用にも必要

Web明細の利用登録はプロミスの「30日間無利息サービス」の適用にも必要
プロミスと初めて契約をする方は「30日間無利息サービス」が適用されます。

プロミスの30日間無利息サービスは、初回借入日の翌日から30日の間は利息が発生せず、無利息サービス期間内に返済した金額は全て元金の返済に充当されるとてもお得なサービスです。

⇒プロミスの30日間無利息期間サービスの利用条件は?罠ではない?

この30日間無利息サービスが適用されるには、2つの利用条件があります。

ひとつは「メールアドレスを登録すること」です。

プロミス会員サービス内の一部のサービスの利用にはメールアドレスの登録が必須となっていて、Web明細の登録にもメールアドレス登録が必要ですので、こちらは特に問題ないかと思います。

もうひとつの利用条件が「Web明細の利用登録を行うこと」です。

プロミスの利用明細の確認方法をWeb明細にしておかないと、貴重な30日間無利息サービスを利用することができないのです。

利用明細をWeb明細にすることで得られるメリットは多いですし、デメリットは特にありません。

ちなみにゆうちょ銀行からプロミスの借入・返済をする場合は、Web明細の利用登録は必須になります。

プロミスと契約をしたら速やかにWeb明細の利用登録を行うことをおすすめします。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

コンビニATMでプロミスから借入する方法・使い方

コンビニATMでプロミスから借入する方法・使い方
コンビニATMからお金を借りたいけど、どうすればいいの?と不安な方もいらっしゃるのではないでしょうか。
急いでいると焦って操作を間違えてしまうこともありますので、コンビニATMの借り方を確認しておきましょう。

ここではセブン銀行ATMとローソン銀行ATMを例に借入方法を解説します。

【セブン銀行ATMで借りる流れ】
1.セブン銀行ATMにローンカードを挿入する。
2.ATM画面の「ご出金(借入)」を選択する。
3.4桁の暗証番号を入力する。
4.借入希望金額を入力して「確認」をタップする。
5.現金を受け取る。

【ローソン銀行ATMで借りる流れ】
1.ローソン銀行ATMの「取引開始」を選択する。ローンカードを挿入する。
2.「お借入れ」を選択する。
3.4桁の暗証番号を入力する。
4.借入希望金額を入力して「確認」をタップする。
5.画面の「カードローン」を選択して、現金を受け取る。

どのコンビニATMを利用する場合でも、操作方法はほとんど同じです。
手続き方法はATM画面に表示されるので、あんないに従って落ち着いて操作していきましょう。

【スマホATM】セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMならカードなしでも借り入れ・返済できる

プロミスならセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMならカードなしでも借り入れ・返済できる

「スマホATM」は、プロミスのスマホアプリを使って、カードレスでセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMから借入・返済ができるサービスです。

ATMに表示されるQRコードをプロミスのアプリで読み込むことでローンカードの代わりとなり、カードレスで操作することができるのです。

プロミスのスマホATMはセブン銀行ATMとローソン銀行ATMに対応しているので、この2行のATMはローンカードがなくても借入・返済することができます。

スマホATMの操作方法は?

【スマホATMの操作方法:セブン銀行ATMから借りる】
1.プロミスアプリをダウンロードしてログインする。
2.アプリメニューから「スマホATM」を選択する。(スマホカメラが起動してQRコード読み取り画面になります)
3.セブン銀行ATM画面の「引出し・預入れ・クレジット取引など」を選択。
4.セブン銀行ATM画面で「スマートフォン」を選択。(画面にQRコードが表示されます)
5.QRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示される。
6.表示された企業番号とプロミス暗証番号をセブン銀行ATM画面に入力する。
7.借入希望額を入力して「確認」を選択する。

【スマホATMの操作方法:ローソン銀行ATMから借りる】
1.プロミスアプリをダウンロードしてログインしておく。
2.「スマホATM」を選択する。(スマホカメラが起動してQRコード読み取り画面になります)
3.ローソン銀行ATM画面で「スマホ取引」を選択する。(ATM画面にQRコードが表示されます)
4.スマホ画面で「お借入」を選択。
5.QRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示される。
6.ローソン銀行ATM画面に企業番号と暗証番号を入力する。
7.借入希望額を入力して「確認」を選択する。

スマホATMの利用手数料は?

スマホATMの利用手数料は提携ATM利用時と同じで、取引金額が1万円以下なら110円、1万円超なら220円の手数料が発生します。

利用手数料の清算は次回返済時にまとめて行います。

提携ATMと同じ手数料でカードレスで借入・返済ができると考えたらお得で便利ではありますが、やはり利用するたびに手数料が発生するので使い過ぎには注意が必要ですね。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

プロミス コンビニATMで借入・返済するメリット・デメリット

プロミス コンビニATMで借入・返済するメリット・デメリット
プロミスは全国のコンビニATMで借入・返済ができるので、メリットしかないように感じるのではないでしょうか。

メリットが多いことは事実なのですが、把握しておきたい「コンビニATMを利用するデメリット」もありますので確認しておきましょう。

プロミス コンビニATMのメリット

・全国のコンビニで24時間借入・返済できる。
・ショッピングセンターやスーパーでも借入・返済可能。
・プロミスから借りていることがバレづらい。
・セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはカードレスで利用できる。

全国のコンビニで24時間借入・返済できる

ご存知の通りコンビニは全国どこにでもありますし、コンビニATMはメンテナンス時間を除く24時間利用可能です。

プロミスATMもかなり遅い時間まで営業していて24時まで使うことができますが、24時以降に現金を借りたい時には、コンビニATMが唯一利用できるATMということになります。

また、コンビニATMは全国どこにも設置されているというところもメリットです。

プロミスATMと三井住友銀行ATMにも手数料無料というメリットがあるのですが、設置数はコンビニATMほど多くありません。

コンビニATMなら自宅の近く、旅行先、実家の近くなど全国どこでもほぼ24時間借りることができるので、急にお金が必要になった時にもとても便利ですよ。

ショッピングセンターやスーパーでも借入・返済可能

主婦の方などはコンビニよりもショッピングセンターやスーパーマーケットに行く機会の方が多いのではないでしょうか。

コンビニATMはショッピングセンター、スーパーマーケットなどにも設置してありますので、いつもお買い物をするお店でもプロミスの借入・返済ができるのはとても重宝すると思います。

プロミスから借りていることがバレづらい

コンビニATMではさまざまな金融機関のキャッシュカードが使えるので、利用しているところを家族や知り合いに見られたとしてもプロミスでお金を借りていることがバレることはまずありません。

プロミスATMは手数料無料で便利なのですが、駅前や国道沿いなどのわかりやすい場所に目立つ大きな看板を出して設置してあることが多いので、出入りしているところを見られてしまったらプロミスで借りていることがすぐにバレてしまいます。

バレずにATMから借りたい方にもコンビニATMはおすすめの方法です。

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはカードレスで利用できる

プロミスでは、スマホATMによってセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMをカードレスで利用できます。

ローンカードを持ち歩く必要がありませんので、仕事帰りに急にお金が必要になった時や、出先で借りたい時、早朝・深夜などにもすぐに対応できます。

プロミス コンビニATMのデメリット

・利用手数料がかかる

コンビニATMからプロミスの借入・返済を行うと、その都度110円または220円の手数料が発生します。

1回あたりのATM手数料は高いものではありません。

しかし、その都度発生するものですし手数料の支払いは次回返済時に行われますので、手数料分だけ元金の返済が遅れることになります。

月に何回もコンビニATMから借入・返済をするような使い方は避けるようにした方が良いでしょう。

ただ、ATM手数料が発生することさえ頭に入れておけば、全国どこからでもほぼ24時間借入・返済ができるというメリットは大きいですよね。

しかもセブン銀行ATMとローソン銀行ATMならローンカード不要なので、お財布にプロミスカードを入れておく必要もありません。

深夜にお金が必要になったときや、出先での急な出費にはとても便利と言えます。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

プロミスでATM利用手数料を無料にする方法

プロミスでATM利用手数料を無料にする方法
コンビニATMや提携ATM(三井住友銀行を除く)を利用する時に発生する手数料を無料にすることはできません。

ただし、ATMを無料で使う方法はありますのでここで解説します!

手数料無料のATMを使う

プロミスから手数料無料で借りられる方法は、

・インターネット振込
・プロミスATM
・三井住友銀行ATM

の3つの方法があります。
コンビニATMではなくプロミスATMまたは三井住友銀行ATMから借りればATM手数料が無料
現金が必要な場合は、コンビニATMを避けてプロミスATMまたは三井住友銀行ATMから借りれば、いつでも手数料がかかりません。

このプロミスATMと三井住友銀行ATMの利用にはローンカードが必要ですので、手数料を節約しながらATMから借りたい場合はローンカードを発行しておきましょう。

契約後にプロミスの自動契約機でカードを発行することもできます。

また、最寄りのプロミスATMと三井住友銀行ATMの設置場所を調べておくこともおすすめします。

お使いの銀行口座のATM手数料無料サービスを利用する

金融機関によっては「月3回までATM利用手数料無料」などのサービスを行なっているところもあります。

プロミスのインターネット振込は手数料無料なので、まずインターネット振込で自分の銀行口座にお金を借りて、お手持ちのキャッシュカードを使って手数料無料で使えるATMから借りれば金融機関ATMから借りても手数料はかかりません。

コンビニATMでプロミスから借入・返済する【よくある質問】

コンビニATMでプロミスから借入・返済する【よくある質問】
コンビニATMで借入・返済をする際のよくある質問をご紹介します。

土日祝日でもコンビニATMから借入・返済できる?

コンビニATMは土日祝日でも利用可能です。

土日祝日でもセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMは0時10分~23時50分、イオン銀行ATMは0時10分~23時45分の間利用できます。(毎週月曜日0:10~7:00はメンテナンスのため利用不可)

早朝・夜間・深夜でもプロミスの借入・返済ができるのでコンビニATMはとても便利ですよ。

コンビニのマルチメディア端末で返済できるって本当?

コンビニのマルチメディア端末でプロミスに返済できるって本当?
プロミスは、以前はファミリーマートの「Famiポート」、ローソンの「Loppi」、ミニストップの「MINISTOP Loppi」から返済することができたのですが、現在はこれらのマルチメディア端末からの返済サービスを終了しています。

本記事でご紹介したとおりコンビニからの返済は、

・セブン銀行ATM
・ローソン銀行ATM
・E-net
・イオン銀行ATM

になります。

コンビニATMは端数(小銭)も借入・返済できる?

コンビニATMでは端数(小銭)の借入・返済はできません。

例えば最終返済時や一括返済時に8,600円の返済が必要になったとします。

コンビニATMは端数の返済ができないため9,000円を返済して、差額の400円を返還してもらうか、次回借入の際に相殺してもらうことになります。

返還金が発生してもきちんと清算してもらえるのですが、端数もきっちり返済したい場合は、コンビニATMではなく端数の取り扱い可能な「インターネット返済」または「銀行振込」で返済しましょう。

プロミスの「インターネット返済」は手数料も無料なのでおすすめできる一括返済方法です。

コンビニATMでエラーが出たらどうすればいい?

コンビニATMでプロミスの借入・返済ができない!エラーが出る原因は何?

滅多にあることではありませんが、コンビニATMで借入・返済をする際に、画面にエラーが表示されることがあります。

コンビニ内でのトラブルということで店員さんに声をかけたくなるかもしれませんが、店員さんはあくまでもコンビニのお仕事をしている方なので、金融機関が設置しているATMのことは分かりません。

エラーが出たら、落ち着いて次の内容を確認して下さい。

コンビニATMの使い方を確認しましょう

エラーが出た場合は、まずお使いのATMがプロミスの提携ATMであることと、メンテナンス時間ではないことを確認して下さい。

続いて、ローンカードの挿入方向が間違っていないことを確認します。

暗証番号入力後にエラーが出る場合は暗証番号が間違っている可能性があるので、プロミスに登録した4桁の暗証番号を確認しましょう。

融資限度額をオーバーしていませんか?

コンビニATMの操作方法と暗証が間違っていない場合は、何らかの理由でプロミスの新規借入ができなくなっている可能性もあります。

例えば利用限度額を超えているケースです。

プロミスの利用限度額が30万円で、すでに30万円全額借りている場合は、新規借入はできません。

返済を行って借入可能な枠を増やすことで、またお金を借りることができるようになります。

延滞が発生していませんか?

延滞している時もお金を借りることはできません。
必要な金額を返済して延滞を解消しないと新たな借入はできませんのでご注意下さい。

総量規制を超える借入をしていませんか?

総量規制は、プロミスなどの貸金業者から借りられる金額の合計を年収の3分の1以下にするという貸金業法による規制です。

例えば年収300万円の方であれば、総額100万円まで借りられることになります。

プロミスの融資限度額が総量規制の範囲を超えていなくても、他社カードローンとの借入額の合計が総量規制を超えていると、新規貸付が停止されてしまうのです。

総量規制による新規貸付の停止を解消するには、地道に返済を行って借入残高を減らすしかありません。

コンビニATMから千円単位で借りられる?

コンビニATMから千円単位でお金を借りることができれば無駄がありませんよね。

プロミスから借りるとき、以前はローソン銀行ATMなどで1万円単位での借入しかできなかったのですが、現在はセブン銀行ATM、ローソン銀行ATM、E-net、イオン銀行ATMの全てのコンビニATMから千円単位で借りられるようになりました。

ただし、旧機種のATMでは1万円単位での借入しかできないこともあります。

もし「本当は5,000円で良かったのに1万円単位でしか借りられなかった」という場合は、使わなかったお金をその日のうちに返済してしまいましょう。

プロミスの融資は借りた日に返済をすれば利息がつかないので、利息を抑えることができますよ。

コンビニATMで一括返済もできる?

コンビニATMから一括返済することもできますが、お伝えしたようにコンビニATMでは端数の返済ができません。

一括返済(完済)して、すぐにプロミスとの契約を解約したい時などは、端数もきっちり返済できる「インターネット返済」または「銀行振込」で完済することをおすすめします。

ちなみにプロミスの解約方法はとても簡単です。

プロミスコール(0120-24-0365)に電話をかけて解約希望であることを伝えるだけで手続きを行ってもらえますし、自動契約機に来店して解約手続きをとることもできますよ。

プロミスコールによる解約は平日9時~18時、自動契約機は平日土日祝日全て9時~21時の対応となっています。

※プロミスは最短3分で審査完了!スマホで今すぐ申し込めばすぐにコンビニATMから借入可能です。

PAGETOP