プロミス即日融資 夜何時までに申し込めばOK ?土日祝日でも当日借入可

PR

プロミス即日融資 夜何時までに申し込めばOK ?土日祝日でも当日借入可
プロミスで今日中にお金を借りたい!

でも、
「何時までに申し込めば即日融資に間に合うの?」
「夜中でも借りられる?」
「土日祝日でも大丈夫?」
「本当に今日中に借りることなんてできるの?」
「準備する書類がたくさんあるのでは?」
など、気になることがたくさんあるかと思います。

ここでは、プロミスから即日融資で借りる為には何時までに申し込めばOKなのか?土日祝日、夜間でも今日中に借りるための方法、注意点・ポイントなどを解説しています。


もくじ

プロミスの審査時間は最短3分!

プロミスの審査時間は最短3分
プロミスの審査にかかる時間は最短最短3分融資となっており、業界TOPクラスのスピードです!

プロミスの審査に通過すればセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMからほぼ24時間いつでもカードレスで借りられますし、口座振り込みで即日融資も可能です。

審査状況によっては時間がかかる場合もありますが、プロミスの最短3分融資は業界最速になります。

これだけ審査時間が早いのであれば即日融資もできることがわかりますね。

 

※最短3分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

プロミスの審査対応時間は?何時までに申し込めば即日融資可能?

プロミスの審査対応時間は?何時までに申し込めば即日融資可能?
プロミスから即日融資で借りるには、審査をしてもらえる対応時間に申し込みをして審査に通過しておく必要があります。

プロミスの審査対応時間は平日も土日祝日も9時~21時になりますので、毎日21時まで審査してもらうことができます

ただし、21時は審査が終了する時間になります。プロミスは最短3分融資が可能ですが、21時ギリギリに申し込みをしても即日融資に間に合いません。

特に夜間は審査申し込みが混雑しますので、遅くとも20時30分くらいまでには申し込みを完了させておくことをおすすめします。

 

プロミスは土日祝日でも即日融資可能?

プロミスは、インターネット(WEB完結)で24時間365日いつでも申し込み可能ですので、土日祝日でも平日と同じように9時~21時の間で審査をしてもらうことができます

土日祝日に即日融資で借りたい場合は、できるだけ早い時間に審査申し込みを完了させることをおすすめします。

土日祝日は審査申し込みも混雑しますし、プロミスの審査は申し込みをした順番に行われるので遅くなればなるほど、時間がかかってしまうのです。

また、平日の日中なら金融機関も営業していますが、土日祝日や夜間となると翌営業日にならないと振込融資で借りられないこともあります。

プロミスなら土日祝日も即日融資可能なのですが、早め早めの手続きが即日融資で借りられる大きなポイントになります。

 

プロミス即日融資の申し込み・契約方法の注意点

プロミス即日融資の申し込み・契約方法の注意点
プロミスの即日融資で借りる流れは以下になります。

1.審査申し込み
2.審査・必要書類の提出
3.審査結果
4.契約手続き
5.お金を借りる

それぞれの工程で即日融資で借りるための注意点を確認しておきましょう。

「審査申し込み」の注意点・ポイントは?

プロミスから即日融資を受けるための「審査申し込み」の注意点・ポイント
即日融資で借りたい方、融資を急いでいる方におすすめの審査申し込み方法は、「WEB完結」です。

プロミスのWEB完結は、申し込みから契約まで全ての手続きがインターネットだけでできる方法です。

WEB完結の申し込みはスマホ・パソコンでできますし、必要書類の提出や契約手続きもインターネットでできるので、どこにもでかける必要はありません。

プロミスのWEB完結ではローンカード発行の有無を選択することができるのですが、カードレスを選べばローンカードや契約書類といったカードローン契約に関する書類が郵送されてくることもありません。

自宅に消費者金融からの郵送物が送られてくると困る・・・という方にもWEB完結で申し込むことをおすすめします。

 

「審査・必要書類の提出」の注意点・ポイントは?

プロミスから即日融資を受けるための「審査・必要書類の提出」の注意点・ポイント
プロミスの審査時間は最短3分となっていますが、本人確認のために本人確認書類の提出が必須となります。この書類を速やかに提出しないと審査時間がどんどん遅くなってしまいますので、事前に用意しておくことを強くおすすめします。

プロミスの必要書類は「本人確認書類」「収入証明書類」

プロミスの必要書類は「本人確認書類」と「収入証明書類」があります。

本人確認書類 収入証明書類
・運転免許証/経歴証明書
・パスポート
※2020年2月3日以前に申請・発行されたもので、住所欄に現在お住まいの自宅住所が記載されているものに限ります
・健康保険証
・マイナンバーカード(通知カードは不可)
・在留カード/特別永住者証明書
・源泉徴収票
・確定申告書
・税額通知書
・所得(課税)証明書(収入額と所得額の記載があるもの)
・給与明細書(直近2か月分)+あれば賞与明細書(直近1年分)

 

プロミスの場合、本人確認書類は提出が必須となりますので、申し込み前に用意しておきましょう。運転免許証をお持ちの方は免許証を優先してプロミスに提出します。

収入証明書類は以下に該当する場合に提出を求められます(その他の場合も提出を求められる場合もあります)。

・希望の借入額が50万円を超える場合
・希望の借入額と他社の利用残高の合計が100万円を超える場合
・申込時の年齢が18歳・19歳の方

すぐに用意することが難しい場合は希望限度額を少額に抑えると良いでしょう。

WEB完結で申し込みした場合、書類の提出もインターネットで行います。

申し込み完了後に送られてくるメールに必要書類の提出のページにリンクするURLが記載されているのでクリックして進みます。

詳しい提出方法は画面に記載されているのですが、

・本人確認書類の画像をPDFにして送信フォームから送る
・スマホで撮影して送信フォームから送る
・メールに添付して送信する
・郵送

の4種類から選択することができます。スマホを持ちの場合はスマホで撮影して専用のフォームから送る方法が簡単です。

電話に出られるようにしておくこと

申し込み内容に不備があったり確認事項がある場合は、プロミスの審査担当者から携帯に電話がかかってくることになります。

この電話を放置してしまうと審査もそこで止まってしまいますので、審査通過のメールが届くまでは携帯の着信にも気をつけておきましょう。

プロミスの在籍確認について

プロミスの在籍確認について
在籍確認は、申し込みの際に申告した勤務先に実際に勤めていることを確認するための審査項目です。

在籍確認の方法は、審査担当者が自分の個人名で勤務先電話番号に実際に電話をかける方法で行うのが一般的です。

「山田と申しますけど〇〇様(申込者)はいらっしゃいますか?」という感じですね。

ただ、ここ数年は社員のプライバシーを守るために在籍確認に応じない会社が増えたり、コロナ禍によって在宅ワークが増えたことで勤務先の電話に出られない方もいらっしゃることから、電話のよる在籍確認を行わないこととしている消費者金融が増えています。

プロミスも原則、職場への在籍確認の電話を実施していません

プロミスの調査では電話による在籍確認を行ったケースは全体のたった2%で、98%の利用者には電話をかけなかったそうです。(2023年8月1日~31日の調査)

どうしても電話による在籍確認が必要な場合も利用者の同意を得てから電話をするので、突然かかってくるようなことは決してありません。

在籍確認によって勤務先に消費者金融から電話がかかってくることに不安を感じていた方も本当に多いので、かなり申し込みやすくなりました。

 

「審査結果」の注意点・ポイントは?

プロミスにWEB完結で申し込みをすると、審査結果はメールでお知らせがあります。

メールの確認が遅くなると融資までの時間も長くなるので、こまめにチェックすると良いでしょう。

「契約手続き」の注意点・ポイントは?

プロミスのWEB完結の契約手続き方法は、インターネット契約になります。

プロミスからの審査結果のお知らせメールに契約手続き画面のURLが記載されているので、クリックして画面に進みます。

限度額と返済方法などを設定して、契約内容に同意したらWEB契約完了となります。

「即日借入」の注意点・ポイントは?

プロミスとの契約手続きが完了したら、いつでもお金を借りることができます。

プロミスの借入方法は、

・インターネット振込
・スマホATM取引
・コンビニ・提携ATM
・プロミスATM
・プロミスコール(電話)

があります。

いずれの方法でも即日融資で借りることはできるのですが、あまり向いていない方法もありますのでそれぞれ確認していきましょう。

「インターネット振込」で即日融資

振込時間帯 24時間365日最短10秒振込可能
※非対応の金融機関もあります
振込手数料 無料
振込依頼方法 パソコン・スマホなど
振込名義人 「パルセンター」または「プロミス」から選択できます

 

インターネット振込はプロミス会員サービスからの手続きで、お使いの銀行口座に振り込んでもらう借り方です。

メンテナンス時間を除く24時間365日振込依頼ができますし、最短10秒で融資してもらえるので即日融資にも向いている借入方法です。

なお、お使いの金融機関によっては最短10秒振込ができないこともあります。

振込可能な金融機関は、三井住友銀行、三菱UFJ銀行、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、PayPay銀行をはじめとした銀行です。

※10秒振込対応金融機関はこちらから確認できます。

なお、「インターネット振込」では利用する金融機関口座を登録してお金を借りるのですが、この口座情報の登録は契約時に行うことができます。

「スマホATM取引」で即日融資

「スマホATM取引」は、プロミスのスマホアプリ使ってセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMをカードレスで操作することができるサービスです。

スマホATM取引で借りる流れは次のようになっています。

▼スマホATM取引でセブン銀行ATMから借りる流れ
1.プロミスアプリをダウンロードしてログインする。
2.メニューの「スマホATM取引」を選択。スマホカメラが起動してQRコード読み取り画面になる。
3.セブン銀行ATM画面の「引出し・預入れ・クレジット取引など」を選択。
4.セブン銀行ATM画面で「スマートフォン」を選択。画面にQRコードが表示される。
5.QRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示される。
6.セブン銀行ATM画面に表示された企業番号と暗証番号を入力。
7.借入希望額を入力して「確認」を選択。

▼スマホATM取引でローソン銀行ATMから借りる流れ
1.プロミスアプリをダウンロードしてログインする。
2.「スマホATM取引」を選択。スマホのカメラが起動してQRコード読み取り画面になる。
3.ローソン銀行ATM画面で「スマホ取引」を選択。ATM画面にQRコードが表示される。
4.スマホ画面で「お借入」を選択します。
5.QRコードをアプリで読み取ると企業番号が表示される。
6.ローソン銀行ATM画面に企業番号と暗証番号を入力する。
7.借入希望額を入力して「確認」を選択。

プロミスのスマホATM取引を活用すれば、セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはいつでもカードレスで即日融資可能です。

コンビニATMはほぼ24時間利用可能なので、夜の遅い時間に審査通過した場合でも、スマホにプロミスアプリをダウンロードしてセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMに行けば、即日融資で借りることができます。

なお、スマホATM取引でセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMを利用すると、その都度以下の手数料が発生することを覚えておきましょう。

借入金額 手数料
1万円以下の借入・返済 110円
1万円超の借入・返済 220円

 

「コンビニ・提携ATM」で即日融資

プロミスが提携している金融機関ATMから借りる方法です。
プロミスの提携ATMの営業時間は金融機関によって異なりますが、夜間でも利用できるATMもたくさんありますよ。

▼プロミスの提携ATM
・三井住友銀行 ← 手数料無料
・セブン銀行 ← カードレス可能
・ローソン銀行 ← カードレス可能
・E-net
・ゆうちょ銀行
・イオン銀行
・熊本銀行
・十八親和銀行
・西日本シティ銀行
・八十二銀行
・広島銀行
・福岡銀行
・三井住友銀行
・三菱UFJ銀行
・横浜銀行

プロミスの提携ATMのうち、三井住友銀行ATMだけは手数料無料で利用することができます。

その他提携ATMの利用手数料はスマホATM取引と同じで、1万円以下の借入・返済なら110円、1万円超なら220円になります。

提携ATM利用にはプロミスのローンカードが必要

セブン銀行ATM・ローソン銀行ATMはスマホATM取引が使えるのでカードレスで借りられるのですが、提携ATMから借りたい場合はプロミスのローンカードを発行しておく必要があります。

プロミスのローンカードの発行方法は、自動契約機に来店して発行するか郵送になるので、即日融資で借りたい場合は審査通過後に自動契約機に行って発行することになります。

すぐに自動契約機に行けない場合は、提携ATMから即日融資で借りることはできないということになりますので、スマホATM取引などの他の方法を検討しましょう。

「プロミスATM」で即日融資

「プロミスATM」で即日融資
プロミスATMはプロミスが全国に設置している自社ATMです。

自社ATMなので手数料無料で利用できますが、借入・返済にはローンカード発行が必要になります。

ローンカードは後日発行することもできる

プロミスはカードレス契約も可能なのですが、ATMから借りる機会が多い場合は、ローンカードがあった方が便利です。

特に手数料無料で使える三井住友銀行ATMとプロミスATMから借りたい場合は、ローンカードが必要です。
プロミスATMから即日融資で借りたい

ローンカードの発行方法は、自動契約機に来店して受け取る方法と郵送で自宅に届けてもらう方法があるのですが、「自宅にプロミスからの郵送物が送られてくるのは困る」という方も多いでしょう。

プロミスの自動契約機ならローンカードを即日発行することもできるのですが、とりあえずスピーディにカードレスで契約をしてインターネット振込やスマホATM取引を使って即日融資でお金を借りて、後からローンカードを発行するという方法もあります。
プロミスの自動契約機でカードを受け取り即日融資を受ける
プロミスはカードレスで即日融資で借りる方法が豊富にありますので、ローンカードは必要になったら発行するという流れも便利です。

ご都合の良い方法でカードを発行するようにしましょう。

「プロミスコール(電話)」で即日融資

受付時間帯 平日9:00~18:00
振込手数料 無料
振込依頼方法 電話(0120-24-0365)
振込名義人 「パルセンター」または「プロミス」から選択可能

 

プロミスのフリーコール「0120-24-0365」で振込依頼を行なって、お使いの銀行口座に振り込んでもらう借り方になります。

インターネット振込と同じく手数料無料でプロミスに振り込んでもらうことができます。

自動音声ではなくプロミスのオペレーターと電話が繋がるので、振込先口座を登録していない方でもご希望の口座に入金してもらうことができますよ。(一部時間帯は自動音声になります)

受付時間帯にご注意を

プロミスコールによる振込依頼ができる時間帯は、平日の9時~18時に限られています。

時間内に契約手続きが完了すれば即日融資で借りることはできますが、インターネット振込が利用できるようであればそちらの方が便利でしょう。

 

プロミスの即日融資!申し込む~借入までの流れ

プロミスの即日融資!申し込む~借入までの流れ
プロミスの申し込み方法は、「WEB完結」「アプリローン」「自動契約機に来店」「電話」があります。

これらのどの方法であっても即日融資で申し込むことができます。

ただ、「電話」は審査項目全てに電話口で回答することになるので時間がかかってしまいますので、急いでいる時にはあまりおすすめできません。

プロミスの「自動契約機」はローンカードを即日発行するときにはとても便利なのですが、来店して申込をするには手間がかかりますし、自動契約機に行っても先客がいたら待ち時間が発生します。

プロミスの即日融資で借りる方法としていちばんおすすめできるのは「WEB完結」です。

申込から契約までインターネットでできるので、どこにも出かける必要がありませんし、24時間365日いつでも手続きができます。

「プロミス即日融資の申し込み・契約方法の注意点」で解説してきた注意点やポイントに気をつけながら、早めに申し込みましょう。

「WEB完結」で即日融資を受ける流れ

1.パソコン、スマホから申し込み手続きを行う
パソコン・スマホでプロミス公式サイトの申し込みフォームに進み、画面の案内に従って必要事項を入力します。

2.契約方法を選択する
契約方法を選択することができるので、「WEBでご契約」を選択します。
全ての項目を入力して送信します。

3.必要書類の提出
プロミスから申し込み確認のメールが送られてきます。
必要書類の提出方法が記載されていますので、確認して提出します。スマホで撮影して送信フォームから提出できるので、コピーや郵送は不要です。

4.審査
プロミスの審査が行われます。原則、電話による在籍確認はありません。

5.審査結果のお知らせ
プロミスの審査結果はメールでのお知らせになります。

6.契約手続き
プロミスとの契約手続きはインターネットで行います。
カードレスを選択すれば、契約手続き完了後すぐに借入可能となります。
ローンカードを発行する場合は、自動契約機または郵送で受け取ります。

プロミスとの契約完了後、即日融資で借りる方法

記事の前半で解説した通り、プロミスの借入方法は、

・インターネット振込
・スマホATM取引
・コンビニ・提携ATM
・プロミスATM
・プロミスコール

が用意されています。

どの方法でも即日融資に対応しているのですが、おすすめの方法は「インターネット振込」と「スマホATM取引」です。

なぜかというと、インターネット振込とスマホATM取引はローンカードが不要なので、

WEB完結で申し込む

カードレスで契約する

「インターネット振込」「スマホATM取引」で即日融資

という流れがスムーズにできるんです。

例えば、クレジットカード利用代金の支払いのために口座に入金しておきたい場合などはインターネット振込が便利ですし、現金がすぐに必要な場合はセブン銀行ATM・ローソン銀行ATMに行けばスマホATM取引で即日融資が可能です。

インターネット振込が利用できないこともある

ただし、審査に通過した曜日・時間帯によってはお使いの金融機関がインターネット振込に対応していないこともあります。

確実に即日融資でお金を借りたい場合は、

・スマホATM取引で借りる
・ローンカードを自動契約機で発行してプロミスATM・提携ATMで借りる

のいずれかの方法が良いでしょう。

 

夜間、21時以降(審査時間外)に申し込みをしたらどうなるの?

プロミスの審査対応時間は夜9時(21時)までとなっているので、即日融資で借りたい場合は遅くとも20時30分くらいまでには申し込み手続きを完了させたいところです。

では、夜9時(21時)を過ぎてからプロミスに申し込みをするとどうなるのでしょうか。

申込は21時以降もできるのですが受付は終了してしまいますので、翌営業日の9時以降に審査が行われることになります。

即日融資で借りることはできませんが、9時から順次審査に入るので早ければ午前中にはお金を借りることができます。(混雑状況によっては午後の融資になることもあります)

「できるだけ早くお金を借りたいけど、21時過ぎちゃった・・・」という場合は、夜の間にプロミスに申し込みをしておけば最短で借りることができます。

土日祝日に即日融資で借りる注意点はある?

プロミスから土日祝日に即日融資で借りる注意点
プロミスは土日祝日でも9時~21時で審査可能です。

当日の借入方法もインターネット振込、スマホATM取引、コンビニ・提携ATM、プロミスATMは土日祝日の融資にしっかり対応しています。

以前は、土日祝日で勤務先がお休みの場合、電話による在籍確認がとれないために審査が進まないという注意点があったのですが、現在は勤務先に電話がかかってくることは基本的にありませ。土日祝日でもスムーズにお金を借りられるのは大手消費者金融のメリットとなります。

ただし何度もお伝えしているとおり、土日祝日はお金を借りたい人も多いので、審査は平日よりも混雑する傾向にあります。

平日なら20時までに申し込みをすれば21時までに審査結果が出たとしても、土日祝日は間に合わないことも考えられます。

即日融資で借りるためには、本人確認書類を用意して、できる限り早い時間に申し込みをすることがいちばんのポイントになります。

午前中に申し込みをすればかなり高い確率で即日融資で借りることができるでしょう。

プロミスの即日融資まとめ

プロミスの即日融資まとめ
プロミス即日融資の流れや注意点をまとめます。

▼プロミスの即日融資について
・プロミスの審査時間は最短3分!
・審査対応時間は平日も土日祝日も9時~21時。
・ただし21時は審査が終了する時間となるためギリギリに申し込みをしても即日融資に間に合わない。
・遅くとも20時30分くらいまでには申し込みを完了させておくこと。

▼プロミス 土日祝日の即日融資について
・土日祝日でも平日と同じように9時~21時の間で審査可能。
・土日祝日は審査が混雑するため、できるだけ早い時間に申し込みを済ませておくこと。

▼プロミス即日融資の申し込み・契約方法の注意点
【即日融資で借りる流れ】
1.審査申し込み
2.審査・必要書類の提出
3.審査結果
4.契約手続き
5.お金を借りる

▼「審査申し込み」の注意点・ポイントは?
・申し込み方法は、インターネットで申し込みから契約まで全ての手続きができる「WEB完結」がおすすめ。
・契約時にカードレスを選べばローンカードと契約書類の郵送を防ぐことができる。

▼「審査・必要書類の提出」の注意点・ポイントは?
・本人確認のための「本人確認書類」の提出が必須となる。事前に用意しておくこと。
・「希望の借入額が50万円を超える場合」「希望の借入額と他社での利用残高の合計が100万円を超える場合」「申込時の年齢が18歳・19歳の方」は収入証明書類の提出を求められる。
・書類の提出もインターネットでできる。
・申し込み内容確認の電話がかかってくることがあるため、携帯の着信に気をつけておくこと。

▼プロミスの電話による在籍確認について(原則実施されません)
・プロミスは原則、電話による在籍確認なし。
・在籍確認は申し込みの際に申告した勤務先に実際に勤めていることを確認するための審査。
・在籍確認は審査担当者が自分の個人名で勤務先電話番号に実際に電話をかける方法で行われる。

▼「審査結果」の注意点・ポイントは?
・WEB完結申し込みの審査結果はメールでお知らせがある。

▼「契約手続き」の注意点・ポイントは?
・WEB完結の契約手続き方法はインターネット契約になる。
・審査結果のお知らせメールに契約手続き画面のURLが記載されている。
・契約内容の確認、返済方法などを設定して、契約内容に同意したらWEB契約完了。

▼「即日借入」の注意点・ポイントは?
・契約手続きが完了したら、いつでも借りることができる。
・即日融資におすすめの借り方は ローンカードが不要な「インターネット振込」「スマホATM取引」

▼プロミス即日融資で申し込む流れ
・即日融資におすすめの申し込み方法は「WEB完結」
【WEB完結申し込みの流れ】
1.パソコン、スマホから申し込み手続きを行う
2.契約方法の選択で「WEBでご契約」を選択する
3.必要書類の提出
4.審査 ※原則、電話在籍確認なし。
5.審査結果のお知らせ
6.契約手続き

▼土日祝日に即日融資で借りる注意点はある?
・プロミスは土日祝日でも9時~21時で審査可能。
・借入方法もインターネット振込、スマホATM取引、コンビニ・提携ATM、プロミスATMは土日祝日の融資に対応している。
・土日祝日でも即日融資で借りられるけど、お使いの金融機関が土日祝日と夜間の振込に対応していないこともある。
・土日祝日は審査が混みやすい。本人確認書類を用意して、できる限り早い時間に申し込みをすることがいちばんのポイントになる。

プロミスが気になっている方の中には、「今日中にお金を借りられるなんて都合の良い話が本当にあるの?」と疑問に感じている方もいらっしゃるかもしれません。

でも実際、プロミスなら早い時間に申し込めばほとんどのケースで即日融資ができます。

プロミスのような大手消費者金融は、返済能力がきちんとある人にはできるだけ多くの融資を行いたいと思っているので、貸付条件を満たす方であれば特に問題なく即日融資で貸してくれるのです。

できるだけ早い時間に申し込んだほうが即日融資の確率を上げられるので、午前中に申し込んでおくと良いですよ。
プロミスの30日間無利息サービスを利用して即日融資を受ける
プロミスには30日間無利息サービスもあり、初めてプロミスを利用する人であれば、初回借り入れの翌日から30日間は無利息期間になるので利息がつきません。

プロミスの無利息サービスを獲得する条件として、「メールアドレス登録」と「Web明細利用の登録」が必要となりますが、この2つはむしろ登録しておくことにメリットがあるサービスになりますので、利用者にデメリットは一切ありません。

今すぐお金が必要!という状況なら、プロミスの即日融資は本当に便利です。

 

※最短3分審査(融資)・即日融資について:申込み時間や審査により希望に添えない場合があります。(状況によって翌日以降になる場合あり)

PAGETOP